スポンサーリンク

AIと繰り広げる壮大な宇宙体験【評価/感想】Event[0]【批評/レビュー】

インディーゲーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク
対応機種PC
カキヘイ
カキヘイ

野心的なアドベンチャーゲーム。
プレイヤーの問いかけに柔軟に答える【KAIZEN】とのゲームプレイは濃密で、知的なパズルもゲームに華を添える。

スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

Event[0] – Launch Trailer

本作は放棄された「宇宙ステーション」を探索するSF系アドベンチャーゲーム

プレイヤーは”その宇宙船にインストールされた”【KAIZEN】という名のAIと対話しながら、船内で起きた事件の真相を究明し、地球への帰還を目指すことに。

【余談】求められる英語力

後述するように、このゲームは【KAIZEN】の台詞を自動生成する。
プレイヤーは端末に”英語で文字を入力し、それに対する答えを【KAIZEN】が返して来る”という作風になっている。

よって、基本的には「英語を読む作品」。
なので、高校英語に毛が生えた程度の英語力は必要になっているので、その点は注意。

ただ、スローテンポかつログが残るので、英和辞典片手にプレイすることはできる。

スポンサーリンク

評価/人工知能と対話する

現実的なサウンドにも注目したい。

このゲームは、【探索パート】と【パズルパート】で構成されている。

この2つに深く関わって来るのが【KAIZEN】だ。
【KAIZEN】は「宇宙ステーション」にインストールされたAIで、プレイヤーは端末に文字を打ち込むことで彼/彼女とコミュニケーションを取ることができる。

実は本作、この【KAIZEN】との対話がメイン要素。
クリアまでにそこそこの量の英文を打ち込むが、【KAIZEN】から定型文が返ってくることは稀であり、映画『月に囚われた男』や『インターステラー』さながらの自然なやり取りをAIと行うことができる

例えば、プレイヤーが「お腹が減った」と入力すれば、【KAIZEN】は「あそこのシステムキッチン便利だよ」と返信してくるし、クイズを解く際も同様。

こうした言葉のキャッチボールができ、これは非常にユニークな要素である。

人工知能のキャラも良い

あるときは機械のように冷たく、またあるときは人間のように温かい【KAIZEN】を前に、プレイヤーは「このAIをどこまで信じて良いのか」と考えるようになる。

こうした“人間とAIの関係性を描く”サブテーマも興味深く、「人間とAIの対話」を軸に展開されるゲームプレイは非常に野心的で、かつ「ゲーム」というメディアを上手く活用した演出手法である。

インディー作品特有の作家性と独自性が存分に発揮されている。

スポンサーリンク

総評

忘れがたいゲーム体験ができる一作。
AIと対話することが、しっかりとゲームプレイに落とし込まれており、それを軸に展開される物語も含めて完成度が高く、知的なパズルも良い隠し味になっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インディーゲーム
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア