【感想・評価】『ゼロ・ダーク・サーティ(ネタバレ)』レビュー

社会派映画のレビュー

ジェシカ・チャステイン主演の社会派サスペンス映画『ゼロ・ダーク・サーティ』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ゼロ・ダーク・サーティのストーリー

華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な20代半ばの女性・マヤ。

とてもCIA分析官には見えないが、情報収集と分析に天才的な感覚を持ち、一向に手掛かりをつかめないビンラディン捜索チームに抜擢される。

捜査は困難を極め、ある日、同僚が自爆テロに巻き込まれて死んでしまう。

その日を境に、狂気をはらんだ執念でターゲットの居場所を絞り込んでいくマヤ。

ついにマヤは隠れ家を発見するのだが、果たして国家が下す決断とは――。

引用元 – Youtube

ゼロ・ダーク・サーティの出演陣

役者 役名
ジェシカ・チャステイン マヤ
ジェイソン・クラーク ダン
ジェニファー・イーリー ジェシカ
マーク・ストロング ジョージ
カイル・チャンドラー ジョゼフ など

感想

“大正義・アメリカ”の域を出ず

CIAがウサーマ・ビン・ラーディンを発見し、米軍が殺害するまでの出来事を『ハート・ロッカー』の監督、キャスリン・ビグローが描いた一作。

ストーリーは、ジェシカ・チャステイン演じる主人公・マヤがCIAパキスタン支局に配属され、そこで「アメリカ同時多発テロ事件」で重要な役割を果たしたアマールという男を尋問しているところから始まります。

冒頭のCIAがアマールを尋問する一連のシーンでは、国内外から批判を浴びたCIAの”激しい”尋問をまざまざと見せつけ、この作戦の負の側面を映し出します。

「おお、ちゃんと負の側面も描く映画なのか」と期待しました。

しかし、残念ながらそれは冒頭だけでした。

さすがに”製作に協力してくれた”米政府とCIAを痛烈に批判することはできなかったようで、序盤以降はどこを切り取ってもアメリカは”大正義”として描かれています。

“激しい”尋問に関しても「止めたほうが良いけど、効果はあるよね」程度であり、人権無視、人種差別や主権侵害についての指摘はありません。

当然、「アメリカ同時多発テロ事件」は許されないテロ事件です。

しかし、一方でテロリストにもテロリストなりの理屈があるわけで、それを無視してしまうのは史実ベースの映画としては乱暴なのではと思いました。

CIAへの批判やテロリスト側の理屈なども史実の一部なのですから。

確かに、この映画は賞レース受けが良さそうな作品ではありますが、あまりにアメリカ万歳がすぎるので中盤以降は胸焼け気味でした。

長くてダレる

この映画は2時間半ほどあります。

正直、最初の30分とクライマックスの襲撃シーンを除けば、これと言った話は描かれていませんでした。

(おそらく)現実的な情報収集やCIA内部の根回しなどは、史実ベースの映画ならではの説得力があるのですが、それがグダグダと続くので中だるみしています。

もっと短くできるはず。

まとめ

正直、イマイチな映画でした。

やけに長くてダレダレですし、出来事の一面ばかり強調している点も史実ベースの作品としては乱暴に感じました。

嫌味ではなく、「HBO辺りでテレビドラマ化した方が良かったのでは?」と思います。

ただ、ジェシカ・チャステインの演技はこの映画でも際立っていました。