【ショーン・コネリー】全作制覇した私がオススメの「007」を全て紹介!

おすすめ映画

この記事では、”ショーン・コネリーのボンド映画”を全て観た私がオススメを紹介します。

▼007シリーズの感想記事▼

【ショーン・コネリー】ボンド映画の順番/時系列

公開順/観る順番

  • ドクター・ノオ(62)
  • ロシアより愛をこめて(63)
  • ゴールドフィンガー(64)
  • サンダーボール作戦(65)
  • 007は二度死ぬ(67)
  • ダイアモンドは永遠に(71)

【注意】間にジョージ・レーゼンビー版が入る

ショーン・コネリー版ボンド映画
  • 1962年
    ドクター・ノオ
  • 1963年
    ロシアより愛をこめて
  • 1964年
    ゴールドフィンガー
  • 1965年
    サンダーボール作戦
  • 1967年
    007は二度死ぬ
  • 1969年
    ※女王陛下の007
  • 1971年
    ダイアモンドは永遠に

※ショーン・コネリーの降板に伴い、ジョージ・レーゼンビーが新たにボンドを演じた作品

関連記事>>>【感想・評価】『女王陛下の007(ネタバレ)』レビュー

【感想・評価】『女王陛下の007(ネタバレ)』レビュー
ジョージ・レーゼンビー主演の007シリーズ五作目『女王陛下の007』のレビュー。

【ショーン・コネリー】オススメのボンド映画を紹介

【1位】007 ロシアより愛をこめて

007シリーズの二作目「ロシアより愛をこめて」。

ショーン・コネリーのボンド映画の中では、もっともストーリーとアクションのバランスが取れており、一番にオススメしたいボンド映画です。

ストーリー面では秘密結社【スペクター】が米ソを巧みに操るお話が面白く、アクション面ではオリエント急行に代表される印象的なシーンにドキドキハラハラさせられます。

スパイ活劇として今なお色褪せない一作です。

【2位】007 ゴールドフィンガー

007シリーズの三作目「ゴールドフィンガー」。

↑で紹介した「ロシアより愛をこめて」の次に、ストーリーとアクションのバランスが取れており、スパイ活劇として楽しめる一作になっています。

あまりにも有名な”全身を金箔で塗られた”女性の死体が登場するのが今作です。

ちなみに、続編以降はアクション要素ばかり強化されていくので、”ショーン・コネリーのボンド映画”としては今作がピークになっています。

【3位】007 ドクター・ノオ

007シリーズの一作目「ドクター・ノオ」。

一作目は地道なスパイと程よいアクションで構成されており、これまでに紹介したボンド映画のような派手さはありませんが、その代わりに贅肉を削いだスマートなスパイ活劇になっています。

007シリーズの礎を築いた作品ということで、今見ても面白いボンド映画です。

“007は二度死ぬ”は日本が舞台

007シリーズの五作目『007は二度死ぬ』は日本が舞台。

正直、面白いボンド映画ではありませんでしたが、高度経済成長時代の日本の様子や、ジェームズ・ボンドが日本人に扮する姿などは見る価値のある映像でした。

【感想・評価】『007は二度死ぬ(ネタバレ)』レビュー
ショーン・コネリー主演の007シリーズ五作目『007は二度死ぬ』のレビュー。

まとめ

以上、”【ショーン・コネリー】全て観た私がオススメの007を紹介!”でした。

最後に、この記事を整理すると─

▼【ショーン・コネリー】オススメのボンド映画を紹介▼

  • 【1位】007 ロシアより愛をこめて
  • 【2位】007 ゴールドフィンガー
  • 【3位】007 ドクター・ノオ
  • “007は二度死ぬ”は日本が舞台という意味でオススメ

ということになります。

この記事が参考になれば幸いです。