【感想・評価】『007 ダイヤモンドは永遠に(ネタバレ)』レビュー

洋画レビュー

ショーン・コネリー主演のアクション映画『007 ダイヤモンドは永遠に』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ダイヤモンドは永遠にのストーリー

アフリカから密輸され、行方がわからなくなっているダイヤモンドを探すために、ボンドはダイヤの運び屋に変装。

やがてティファニーという女からダイヤの運搬を依頼されるが、その裏に宿敵ブロフェルドの存在を嗅ぎつける……。

引用元 – Youtubeより

ダイヤモンドは永遠にの出演陣

役者 役名
ショーン・コネリー ジェームズ・ボンド
ジル・セント・ジョン ティファニー
チャールズ・グレイ ブロフェルド
ノーマン・バートン フェリックス・ライター
ラナ・ウッド プレンティ など

感想

ショーン・コネリーのボンド復帰/卒業作品

007 ドクター・ノオ』『007 ロシアより愛をこめて』『007 ゴールドフィンガー』『007 サンダーボール作戦』『007は二度死ぬ』とシリーズ初期を支えて来たショーン・コネリーのボンド卒業作品。

破格の条件を提示してコネリーを再登板させ、「ゴールドフィンガー」を監督したガイ・ハミルトンまで再起用したということで、映画会社としては”次は絶対に外せない”という思いがあったものと思われます。

なお、ジョージ・レーゼンビーがボンドを演じた前作『女王陛下の007』は”ほぼ”無かったことにされており、冒頭の日本人やボンドとブロフェルドとの会話を見る限りは「二度死ぬ」の続きのようです。

さて、映画としてはややコミカル路線。

今作では”ジョークを言っても場が緩まない”ショーン・コネリー演じるボンドの魅力が活きており、真面目すぎず、不真面目すぎない塩梅がまさにコネリーのボンド。

終盤の、クレーンを操作してブロフェルドを弄ぶシーンのシュールさはショーン・コネリーだからこそでしょう。

また、約10年に渡り、合計6作でボンドを演じて来たということで、コネリー・ボンドは”まるで我が家のような安心感”がありました。

ちなみに、アクション映画としては夜の大通りを激走するカーチェイスだったり、片輪走行で狭い通路を走り抜けたりなど、これまでに無かったアクションにも挑戦しています。

全体的に展開が雑

基本的に観ている側にストーリーを押し付けている感じ。

“それをする意図や動機”が詳しく説明されないことが多く、その度に「えっと、これはどういうこと?」となり、自分なりの仮説を立てて納得させないといけませんでした。

(プレンティ・オトゥールが殺された理由など)

また、ご都合主義的な展開も非常に目立ちます。

肝心要の作戦が”ものすごい偶然”を前提に立案されており、それが滞りなく遂行していくことに強い違和感を覚えました。

もともと、このシリーズはご都合主義的な展開が多く、かつお話の細部が甘かったですが、今作に限っては「度が過ぎている」と感じました。

まとめ

残念ながら有終の美は飾れませんでした。

“ショーン・コネリーの復帰”ありきのような中身になっており、仮にボンド役がコネリー以外の俳優だった場合はより手厳しく評価されていたのでは?と感じます。

結局、『007 ロシアより愛をこめて』を超える”ショーン・コネリーのボンド映画”はありませんでした。

関連記事>>>【ショーン・コネリー】全て観た私がオススメの007を紹介!

▼007シリーズの関連記事▼