【感想・評価】『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』レビュー

洋画レビュー

トム・ハンクス主演のヒューマン・ドラマ『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のレビュー。

紹介

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのストーリー

9.11同時多発テロで父を亡くした少年オスカー。

父の突然の死を受け入れられないオスカーは、ある日、父の部屋のクローゼットで、封筒の中に1本の《鍵》を見つける。

この鍵は父が残したメッセージかも知れない。

オスカーはその鍵の謎を探しに、ニューヨークの街へと飛び出した。

引用元 – Youtube

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの出演者

役者 役名
トム・ハンクス トーマス
サンドラ・ブロック リンダ
トーマス・ホーン オスカー
マックス・フォン・シドー 間借り人
ヴィオラ・デイヴィス アビー など

感想

父親を失った喪失感を冒険で埋める

お話自体は「アメリカ同時多発テロ事件」で父を亡くした少年オスカーが、父の遺品である”鍵”に合う鍵穴を探し出し、父のメッセージを発見するというもの。

しかし、オスカーは”アスペルガー症候群の疑いアリ”と診断された少年なので、他の子が難なく出来ることが難しかったりする。

オスカー曰く、彼は年取った人、走ってる人、飛行機、高いビル、閉じ込められるもの、大きな音、悲鳴、鳴き声、歯がボロボロの人、置き去りのカバン、置き去りのクツ、親といない子供、鳴り響くもの、煙を出すもの、肉を食べる人、見上げる人、タワー、トンネル、スピードが出るもの、うるさいもの、ライトがあるもの、翼があるもの、橋が苦手。

要するに、オスカーは外の世界全てに恐怖心を覚える少年なわけだが、そんな彼は父が残した”鍵”の謎を調査するために街中を走り抜ける。

まだ12歳前後の少年が父を亡くした喪失感に耐え、恐怖心とも戦いながら父のメッセージを探し求める姿は実に前向きで、調査する過程で様々な人たちと出会い、交流し、成長していく姿も感動的だった。

良くも悪くもファンタジー

主人公オスカーは何でもかんでも理屈で理解しようとするが、彼の周辺で起きた出来事の多くは理屈では説明できない。

良くも悪くもファンタジー。

皆が主人公らに親切で、何をしても咎められることなく、温かく見守ってくれる。

オスカーは昼夜一人で出歩くが、危険な目に遭うことはないし、警官に補導されることもない。

終盤に明かされる母親の件に関しても、やはり現実的ではない。

「アメリカ同時多発テロ事件」自体はリアルだが、それ以外の出来事は良くも悪くもファンタジーで包み込まれており、映画だからこそ出来たこと。

リアリティとファンタジーの塩梅は、人によって好みが分かれるはず。

まとめ

911を経験した少年と家族の再生を描く一作。

多くのハンデを負った少年が父を求めてニューヨークを駆け回る姿は非常に前向きで、9.11という重いテーマながらも良い余韻が残る映画になっている。