【感想・評価】『ナイスガイズ!(ネタバレ)』レビュー

コメディ映画のレビュー

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリングが送るコメディ映画『ナイスガイズ!』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ナイスガイズ!のストーリー

示談屋・ヒーリーは、アメリアという少女の依頼で私立探偵・ホランドを懲らしめるが、今度はヒーリー自身が何者かに狙われる。

紆余曲折を経て、ヒーリーはホランドと一緒にアメリアを捜索することにしたが、その過程で自分たちの手に負えない陰謀の存在に気づく。

ナイスガイズ!の出演陣

役者 役名
ラッセル・クロウ ヒーリー
ライアン・ゴズリング ホランド
アンガーリー・ライス ホリー
マット・ボマー ボーイ
マーガレット・クアリー アメリア など

感想

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリング

ラッセル・クロウ演じるヒーリーと、ライアン・ゴズリング演じるホランド。二人はアメリアという少女を探している。

登場人物が魅力的な映画でした。

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリングの組み合わせは、クロウ演じるヒーリーの粗暴な人柄と、ゴズリング演じるホランドの”負け犬”気質な内面が、それぞれの弱点を補い合う形になっており、ナイスコンビです。

奥に居るのはホランドの娘・ホリー。演じるのはアンガーリー・ライス。

また、ヒーリーの娘・ホリーも良いキャラクター。

一見、どこにでもいそうなティーンエージャーですが、彼女は常に何かに怒っているヒーリーさんと、自信を失った父・ホランドを程よい距離感から見守る”大人”で、一歩引いて物事を見るスマートさが魅力的でした。

(当たり前のようにホリーが車を運転し、父・ホランドが助手席に座っているシーンは二人の関係性を端的に表すナイス演出です)

もちろん、ホリーも傷ついている

いくら大人びていると言っても、ホリー自身も父・ホランド同様に傷ついており、彼女が自宅跡で本を読んでいる姿はジーンと胸に来ます。

70年代のハリウッドでワイワイ

70年代の業界人のパーティ。『ナイス・ガイズ!』より。

この映画では、希望と現実が交差する古き良き70年代のハリウッドを、時代を彩った洋楽とファッションで振り返りつつ、政治、ハリウッドや自動車産業を絡めた陰謀劇を描きます。

お話自体はよく書けており、一人の少女・アメリアを巡る二転三転するサスペンスは惹き込まれましたし、次々と手に負えない方向に転がっていく流れも面白かったです。

余談ですが、本作にはラッセル・クロウに加えて、キム・ベイシンガーも出演しているので『L.A.コンフィデンシャル』が脳裏を過ります。

ピリッとした緊張感

コメディ映画ですが、緩すぎない。

窓ガラスを割ろうとして手を”リアルに”負傷したり、アメリアがあっけなく殺されてしまったりするので、観ていてドキッとする瞬間があります。

この映画は気軽に観られるバディ・モノですが、定期的に観客の予想を裏切るシーンが用意されており、ピリッとした緊張感が漂う作品です。

ロバート・ダウニー jrを発見!

『ナイス・ガイズ!』にカメオ出演したロバート・ダウニー・jr。

シェーン・ブラック監督は『キスキス,バンバン』も手掛けており、それ繋がりでロバート・ダウニー・Jrがカメオ出演しています。

まとめ

痛快な”バディもの”のコメディ映画でした。

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリングの掛け合いは面白く、陰謀劇をハリウッドの魔法で描き切るお話も楽しめました。

出来ることなら”続編が見たい”、そう感じさせる一作です。