今から『Thief2: The Metal Age』をプレイする前にすべきこと/Win10対応、ワイドスクリーン化、バグ修正など。

スポンサーリンク
最適化

Steam版『Thief2: The Metal Age』を現代風にカスタマイズする方法を紹介。

この記事では

  • 総合的な非公式バグ修正Modの導入
    • 字幕表示Modの導入
  • テクスチャ系オーバーホールModの導入
  • サウンド系オーバーホールModの導入

という4点の方法で現代風に仕上げていく。

プレイする前にすべきこと

準備編

ファイル名 ダウンロード先
T2Fix ダウンロード
Thief 2 HD Texture Mod ダウンロード
Thief 2 Sound Effects Enhancement Pack ダウンロード
  • それぞれダウンロード、解凍しておく。

作業編

T2Fixをインストールする

カキヘイ
カキヘイ

オールインワン的なバグ修正Mod。
バグ修正に加えて、モダンなゲーミングPCへの最適化や、字幕表示まで含まれており、「これさえ入れとけばOK」的なMod。

  1. ゲームのインストール先を指定する。
    ※「Thief2.exe」がある場所

  1. 「Full」を選択する。

  1. グラフィック設定(?)を選ぶ。

  1. 「Install」をクリックしてインストールする。

 

  1. 「Finish」で終了

Thief 2 HD Texture Modをインストールする

  1. 「OK」で先に進む。

「OK」で先に進む。
※併用したいModをインストールする順番について

  1. 草木のバージョンを選ぶ。
バージョン 説明
Animated 草木が揺れる
Static 草木は揺れない
  1. 私は「Static」を選択。
    ※Animatedは重い割にグラフィック面での効果が薄い

  1. ゲームのインストール先を指定する。
    ※「Thief2.exe」がある場所

  1. “Enable~”にチェックを入れる。
  2. 「Finish」をクリックして終了

  1. 「OK」をクリックする。

Thief 2 Sound Effects Enhancement Packをインストールする

  1. ゲームのインストール先を指定する。
    ※「Thief2.exe」がある場所

  1. 画面の指示通りに進める。
  2. ファイルの交換が始まるので終わるまで待機。
  3. 完了後は画面の指示通りに操作して終了する。

まとめ

以上、”今から『Thief2: The Metal Age』をプレイする前にすべきこと”でした。

この記事の通りに作業すれば、プレイ環境だけはモダンなPCゲームに近いものに仕上がるはず。おまけに字幕表示も可能になるので、プレイする際はぜひ挑戦してみて欲しい。

タイトルとURLをコピーしました