【感想・評価】キーファー・サザーランド監督作品『気まぐれな狂気』レビュー

洋画レビュー

キーファー・サザーランド監督・主演したクライム映画。

紹介

気まぐれな狂気のストーリー

数年のムショ暮らしを終えた主人公レイモンド。

出所後のチンケな仕事に嫌気が差した彼は、仲間と一緒に麻薬組織から大金を強奪する計画を立てるのだった。

気まぐれな狂気の出演者

役者 役名
ヴィンセント・ギャロ レイモンド
キム・ディケンズ アディ
キーファー・サザーランド カーティス
マーカス・ウェアンズ ミケルティ
マーティン・シーン サー など

感想

意外と牧歌的な逃走劇

良く言えば(お話の割には)ほのぼのしている、悪く言えばスリリングさが足りない。

主人公らはカップルの人質を取るが、彼らに危害を加えることはなく、無理難題を押し付けることもしない。

むしろ、「旅の仲間」みたいな感じに。

また、後に主人公らの中に覆面捜査官が紛れていることが発覚するが、だからと言ってそれをスリリングに描くこともしない。

(ちなみに、主人公らを覆面捜査していた理由は明かされず…)

あと、主人公らは追われている身だが、特に切羽詰った感もなく。

全体的に緊張感と締りがないかなと。

狂った歯車は戻らない

事の発端は主人公ではなく、同行したカーティスの”暴走”だったが、一度狂った歯車は最後まで噛み合わず…。

途中で主人公らの人質となったカップルもそうだが、人生の転機は良くも悪くも突然訪れるもので、この映画にはそんな非情な現実を映し出すシビアな一面がある。

強盗×誘拐×逃走というお話だが、意外にも人生や生き様について語る作品でもある。

配役の妙

俳優と演じるキャラクターが見事に噛み合っている。

狂気と狡猾さを兼ね備えたカーティス演じるキーファー・サザーランド、若さゆえの無垢さがキュートなアディ演じるキム・ディケンズや、異常性を隠しきれない追跡者を演じるマーティン・シーンなど、配役が適材適所。

まとめ

キーファー・サザーランドの監督としての才能を感じさせる一作。

若干、ストーリーは粗粗しいが、ロード・ムービーならではのトリップ感が味わえるショットの数々と、示唆的な台詞が魅力的な作品になっており、かつ登場人物も印象に残る。