【感想・評価】『ミレニアム2 火と戯れる女』レビュー

洋画レビュー

『ミレニアム2 火と戯れる女』のレビュー。

評価

ミレニアム2 火と戯れる女のストーリー

 前作の後、リスベットは平穏な日常を取り戻していた。

しかし、少女の買春を巡る一大スキャンダルをきっかけに、再びリスベットに危険が迫ることに…。

ミレニアム2 火と戯れる女の出演陣

役者 役名
ミカエル・ニクヴィスト ミカエル
ノオミ・ラパス リスベット
レナ・エンドレ エリカ
ペーター・アンデション ビュルマン など

感想

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の後、長らく姿を消していたリスベット。

大金を手にしたリスベットは、外国で悠々自適の生活を送り、ようやく彼女にも平穏な日々が訪れたかに思えたが、暗い過去が彼女を追って来る。

今回は”リスベットの暗い過去”が一つのテーマになっており、彼女が自身のトラウマに苦しむ様子と、それを救うために手を尽くすミカエルの姿が描かれる。

映画ではリスベットの残酷な過去が明かされていくが、一方で彼女を必死に助けようとする人たちの存在も描かれ、希望と絶望が入り乱れる内容になっている。

ただし、今回はストーリー上の綻びが目立つ。

  • リボルバーに残った指紋
  • 人質の死を確認せず、結果的に逃げられる
  • 誰にも告げずに犯人を追うボクサー など

特にリボルバーの件は、リスベットがこんな初歩的にミスを犯すとは思えず、「これも作戦のうちか?」と思ったものの、本当のミスで拍子抜けした。

今回は前作以上にリスベットの内面に迫っており、この点は見応えがあるが、一方で一部の場面では強引な演出もあり、終わってみれば前作の方が良かった。

まとめ

あくまでも繋ぎの二作目。

前作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』が伏線として機能するストーリーは面白く、今回も最後まで目が離せないが、終わり方も三部作の真ん中という感じでやや期待外れだった。

▼関連記事▼