【感想・評価】『ダ・ヴィンチ・コード』レビュー

洋画レビュー

トム・ハンクス主演の歴史ミステリー映画『ダ・ヴィンチ・コード』のレビュー。

紹介

ダ・ヴィンチ・コードのストーリー

ルーブル美術館で殺された館長の周りに残された不可解な暗号。

容疑者として現場に連れてこられたラングドンは、館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに助け出される。

ファーシュ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解き始めるふたり。

そこに歴史を覆す驚愕の真実が…!

引用元 – Youtubeより

ダ・ヴィンチ・コードの出演者

役者 役名
トム・ハンクス ラングドン
オドレイ・トトゥ ソフィー
イアン・マッケラン リー
ファーシュ ジャン・レノ
ジャン=ピエール・マリエール ソニエール

感想

壮大なミステリー

私はカトリックでもないし、聖書も読んだことはないが、「最後の晩餐」は知っているし、“最後の晩餐に隠された謎が明かされる”という触れ込みだけで観る理由としては十分。

白状すれば、私は”キリストの末裔”に関する話はピンと来なかったが、数百年にも及ぶ歴史を紐解くストーリーは非常に面白く、歴史ミステリーとしてよく出来た作品。

テンプル騎士団との攻防は純粋に陰謀劇として面白く、この映画で語られる薀蓄もレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を違った視点から見る楽しさを与えてくれる。

また、ラングドン教授の”講座”も聴き応えがあり、歴史的背景や解説を丁寧に解説してくれるのでストーリーがすっと入ってくる。

ご都合主義的な展開が気になる

割りとご都合主義的な展開が目立つ。

ラングドン一行の行く先々に敵がピンポイントに潜伏しているのは不自然だし、警察からの逃走劇も華麗だが、ツッコミどころがある。

ご都合主義的な展開のせいで、ミステリー映画としての説得力が薄れている瞬間がある。

まとめ

終わってみれば良質な歴史ミステリー映画。

一部のご都合主義的な展開は気になるが、それを重厚な世界観と、壮大なミステリーで覆い隠しており、よく出来たミステリー映画だった。

関連記事>>>【感想・評価】『天使と悪魔(ネタバレ)』レビュー