【感想・評価】『ブレイン・ゲーム』レビュー

洋画レビュー

アンソニー・ホプキンス主演のサイコ・ミステリー『ブレイン・ゲーム』のレビュー。

紹介

ブレイン・ゲームのストーリー

並外れた予知能力者でありながらアナリストで医師であるジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)が、FBIから連続殺人事件の捜査協力を求められ、難事件を捜査する。

引用元 – Youtube

ブレイン・ゲームの出演者

役者 役名
アンソニー・ホプキンス クランシー博士
ジェフリー・ディーン・モーガン ジョー
アビー・コーニッシュ キャサリン など

感想

意外にも、オカルト色は弱い

意外にも、オカルト色の弱い作品。

てっきり、私はサイキック同士の激突が描かれる映画だと思い込んでいたが、実際はマジメに難事件を捜査する締まった作品になっている。

アンソニー・ホプキンス演じるクランシーは、人やモノに触れると透視できる能力を持っており、主人公らはそれを頼りに連続殺人事件を捜査していく。

超能力が重要な要素として存在するものの、お話自体はきちんと展開を組み立てていくタイプになっており、オカルト・モノとは一線を画する作風が特徴。

もともと『セブン』の続編として書かれた脚本らしく、サスペンス・ミステリーとしてそれなりに楽しめる内容になっている。

中盤以降がやや雑

個人的に解せなかったのは犯人が発覚する下り。

地道な捜査を通して犯人を探し当てるのではなく、急に向こうから存在を明かして来るので、観ている側の推理が完全に無駄になる。

ミステリー・モノとして出発した以上は、最後までミステリー・モノとして完走して欲しかったなと。

さらに、クランシーと犯人の能力差があまり感じられず、サイキック同士の攻防に今ひとつ入り込めなかった。

前半の丁寧な展開に比べると、後半は息切れ感がある。

まとめ

オカルト系ミステリー映画としてはそれなりに楽しめる一作。

後半は息切れ気味だったが、それを考慮してもミステリー映画として一定のクォリティは確保されており、観て後悔はしなかった。

出演陣もやけに豪華だし。