【どれを見れば良い?】全作見た私がオススメの「ハングオーバー」を紹介!

おすすめ映画

先日、「ハングオーバー」シリーズを制覇したので、現時点でのオススメをランキング形式で紹介していきます。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

そもそも、ハングオーバーとは?

監督は『ジョーカー』のトッド・フィリップス

「ハングオーバー」シリーズの監督は、2019年公開の『ジョーカー』で一躍時の人となったトッド・フィリップス。

彼は監督・製作・脚本・出演の一人四役をこなして、「ハングオーバー」を大成功に導きました。

一作目「消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は、本国アメリカにて2009年公開されたR指定のコメディ作品として最高の興行成績を収めました。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

魅力はハングオーバー(=二日酔い)

「ハングオーバー」と言えば─

  • 悪酔いしたオッサン連中がハチャメチャする
  • 酔いが醒めた後に自分たちがしでかしたことに驚愕する

というお決まりのパターンが魅力的。

微かに残る記憶を頼りに、昨日の出来事を振り返りつつ”失ったもの”を取り返していく。

ブラッドリー・クーパー、ザック・ガリフィアナキス、エド・ヘルムズのハマり具合もさることながら、トッド・フィリップス監督が送る際どいジョークの数々も爆笑と失笑を誘います。

トッド監督は俳優たちに本物のスタンガンを使おうとしたり、赤ちゃんで”アレ”をしたり、ニコチン中毒のサルを登場させたりと、非常に際どいところを攻めて来ます。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

先に知っておくとより楽しめる

実は実話!?

映画プロデューサーのトリップ・ヴィンソンが実際に体験した出来事に着想を得ています。

「ハングオーバー」は、”彼が自身のバチェラー・パーティー(独身最後を祝うパーティー)をラスベガスで開いた際に、パーティー会場から姿をくらまし、目覚めた時にクラブ側から多額の請求をされてしまった”苦い思い出をベースにしているようです。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

エド・ヘルムズは本当に歯を失った!?

一作目「消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」にて、ステュ(演エド・ヘルムズ)は前歯を一本失います。

多くの場合、この手の演出は後に特殊加工で誤魔化すものですが、エド・ヘルムズの場合は本当に歯を抜いています。

ただし、インプラントの歯を。

エド・ヘルムズは10代の時に前歯の永久歯を失い、インプラントに差し替えており、一作目ではそれを抜いて撮影に挑んだようです。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

情報元 – 10 Crazy Facts About The Hangover

ストゥの歌は即興

特に海外で高く評価されている「ストゥの歌」は、エド・ヘルムズとザック・ガリフィアナキスの即興です。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

ブラッドリー・クーパーは禁酒主義者

「ハングオーバー」ではお酒やドラッグに溺れる人物を演じているものの、彼自身は29歳から禁酒を続けています。

👉“オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介”までジャンプする

情報元 – ブラッドリー・クーパー 苦しかった過去を映画に生かす

オススメのハングオーバーをランキング形式で紹介

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

上映時間 108分
公開日 2009年6月5日
ストーリー 2日後に結婚を控える大親友ダグのために「バチェラー・パーティー」を開催したフィルとスチュ。

意気揚々と魅惑の街「ラスベガス」へとやって来た一行だが、翌朝、目を覚ますとパーティの主役タグの姿が無く、何やらひと騒動終えた後のようだった。

「二日酔い(ハングオーバー)」で記憶が飛んでしまったフィルたちは、数少ない情報をもとにダグを捜索する。

その過程で彼らが”やってしまった”数々の悪事が明らかになっていくのだった。

羽目を外して大騒ぎする大人たちがカッコよく、羨ましくもあり、“ベガスの魔法”に魅せられた男たちのどんちゃん騒ぎが最高に面白い。

関連記事>>>【感想・評価】『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』レビュー

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

上映時間 102分
公開日 2011年5月26日
ストーリー タイでの結婚式を控えたスチュ。

彼は式に親友のダグ、”悪友”フィルと問題児アランも招待する。

だが、スチュは前回の反省からバチェラーパーティは”控えめ”にすると決めていた。

しかし、数時間後。

スチュを含むフィル一行はタイの薄汚れたモーテルで目を覚まし、自分たちが「また、やってしまった」と悟るのだった。

ベガスからタイに舞台を移した今回は前作以上に大暴れ。全体的にパワーアップしているけれど、”あり得ないレベル”で暴れまわる点は好みが分かれるかも。

関連記事>>>【感想・評価】『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』レビュー

ハングオーバー!!! 最後の反省会

上映時間 100分
公開日 2013年5月23日
ストーリー タイの刑務所を脱獄したチャオ。

一方、アランは度重なる問題行動によって精神科病院への入院が決定し、フィル、ダグ、スチュの3人がアランを病院まで送り届けることに。

しかし、その道中で何者かに襲われてしまう。

どうやら、フィル一行への襲撃にはチャオが関わっており、彼らは再び騒動へと引きずり込まれていく。

エンドロール後の方が”ハングオーバーしている”ほど異質な一作になっており、”酔わずに”過去の精算のために奔走する様子はあまり面白いものではありませんでした。

関連記事>>>【感想・評価】『ハングオーバー!!! 最後の反省会』レビュー

まとめ

以上、”【どれを見れば良い?】全作見た私がオススメの「ハングオーバー」を紹介!”でした。

最後にこの記事をまとめておくと─

  • ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
  • ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
  • ハングオーバー!!! 最後の反省会

ということになります。

この記事があなたの参考になれば幸いです。