【感想・評価】『キラー・エリート(ネタバレ)』レビュー

アクション映画のレビュー

ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画『キラー・エリート』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

キラー・エリートのストーリー

自身の限界を悟り、殺し屋家業から足を洗った主人公・ダニー。

彼はオーストラリアの農場で恋人と静かに暮らしていたが、ある日、そんな彼のもとに親友・ハンターが写ったポラロイド写真が送られて来る。

ハンターが捕虜になっていることを知ったダニーは、恋人を残しハンターを救うべく殺し屋の世界に舞い戻ることに。

キラー・エリートの出演陣

役者 役名
ジェイソン・ステイサム ダニー
クライブ・オーウェン スパイク
ロバート・デ・ニーロ ハンター
ドミニク・パーセル デイヴィス
エイデン・ヤング マイアー など

感想

中途半端な映画

ロバート・デ・ニーロ!クライブ・オーウェン!おおお!と思ったけれど、蓋を開けてみると平均的ジェイソン・ステイサム映画…未満でした。

ざっくり言えば、ジェイソン・ステイサム映画としては物足りないし、政治サスペンスとして雑いしという作品になっており、それぞれの要素を欲張ったことで全体的に水っぽくなっていました。

実話ベースゆえにジェイソン・ステイサムが得意とする派手なアクションは控えめですし、かと言って石油利権を巡る政治的なテーマも、アクション映画のストーリーの域を脱していません。

ストーリーはツッコミ所が多い

要所要所で「?」でした。

主人公・ダニーと親友・ハンターの関係性を深く掘り下げていないので、ダニーが全てを投げ売ってまでハンターを助ける理由が分かりませんし、ダニーと恋人・アンの関係も取ってつけたようでした。

また、ダニーたちの作戦がトントン拍子に進んでいく点や、死に際のターゲットたちが素直に犯行を自白する辺りも不自然でした。

(別にターゲットたちは自分がしたことを悔いている様子はないので、死に際にあっさり告白するとは思えません)

あと、ダニーたちに無線機を奪われた可能性があるのに、敵が無線機を使い続けたことでダニーたちに情報がダダ漏れになる辺りも、コメディ映画のようでした。

全体的にアクション性は弱く、ストーリーもイマイチな作品です。

ロバート・デ・ニーロがカッコいい

ロバート・デ・ニーロは”少し出番の多い”カメオ出演でしたが、アサルトライフルを手にハッスルしたり、消音ピストルで狙撃したりと、なかなか存在感がありました。

あと、80年代で統一された世界観も良かったです。

まとめ

豪華キャスト陣が全然活かせていませんでした。

せっかくジェイソン・ステイサム×クライブ・オーウェン×ロバート・デ・ニーロと濃い面子が集結したのに、このまとまりのなさはただただ残念です。

個人的に、ジェイソン・ステイサムの映画は1時間半あれば十分です。