【感想・評価】『モンスター上司2』レビュー

洋画レビュー

ジェイソン・ベイトマン主演のコメディ映画『モンスター上司2』のレビュー。

紹介

モンスター上司2のストーリー

脱サラした3人は自分たちのアイデアをもとに起業。

さっそく出資者も見つかり、順風満帆に思えたがまたしても彼らの前に”モンスター上司”が現れる。

モンスター上司の出演者

役者 役名
ジェイソン・ベイトマン ニック
チャーリー・デイ デール
ジェイソン・サダイキス カート
ケヴィン・スペイシー デイブ
ジェニファー・アニストン ジュリア
クリス・パイン など レックス

感想

イヤな上司は消しちゃう(2回目)

前作『モンスター上司』の良さを残しつつ、お話のスケールを少し大きくした続編。

  • ニック、デール、カートは脱サラして共同経営者になったものの、自分よりも立場が上の人間に苦汁を舐めさせられ、復讐のスイッチが入る

という前作の流れは踏襲されている。

基本的にコメディ映画としての方向性は前作と同じであり、そういう意味では安心して観られる続編になっている。

お前たちは犯罪者だ

“重犯罪”が絡む以上、二作目にもなると主人公たちの反社会的な内面に目が行く。

一作目は「主人公たちの気持ちも理解できる」と肯定的に捉えることができたが、さすがにニ回目ともなると”罪悪感なく、明るく犯罪を重ねていく主人公たち”が時に恐ろしく見える。

一応、製作者側もその点に気づいている模様。

三人衆はジェイミー・フォックス演じるジョーンズに「もう、お前たちは立派な犯罪者だぞ」と釘を差されるが、なんと彼らはそれさえもジョークにする。

もう、こうなると自分たちのことを犯罪者だと認識している者たちが、罪悪感なく気に入らないボスをあの手この手で封じ込めていく映画になるので、どことなくサイコパス風味が加わって来る。

前作と比べると今回は犯罪臭が微かにする作品になっており、前作ほど純粋にコメディ映画として楽しめなくなっている。

まとめ

正直、前作『モンスター上司』の方が面白い。

今回もコメディ映画として面白い作品ではあるけれど、”犯罪モノ”を上手くネタに消化できておらず、かつボス役も今ひとつインパクトに欠ける続編になっている。

個人的には期待外れだった。