【感想・評価】『グッドフェローズ(ネタバレ)』レビュー

クライム映画のレビュー
原題 Goodfellas
公開日 1990年9月19日
出演者 ロバート・デ・ニーロ,レイ・リオッタ,ジョー・ペシ,ロレイン・ブラッコ,ポール・ソルヴィノ
ストーリー 裏社会に足を踏み入れたヘンリー・ヒル。

彼はジミーやトミーたちと組み成功を収めるが、あることをきっかけに次第に追い詰められていく。

ロバート・デ・ニーロ主演のギャング映画『グッドフェローズ』のレビュー。

スポンサーリンク

グッドフェローズの感想/評価

実話ならではのリアリティ

意味が分かると怖いシーン

この映画はヘンリー・ヒルという人物の証言を基にしている。

映画では、”周囲にマフィアがいることが当たり前の環境で育った“ヘンリー・ヒルの人生を子供時代から振り返り、彼が裏社会に憧れ、足を踏み入れ、成功し、転落していく様を2時間半かけてたっぷり描く。

“実話ベース”ということで裏社会の描写はいちいち生々しい。

結束は固いが「使えない」と判断されたものは容赦なく切り捨てられる現実や、ゆえに「結果」が全ての過酷な競争社会の実情を克明に描く。

トミー(ジョー・ペシ)のように、”晴れて正式にマフィアの一員になれる”日に人知れず抹殺されることもある。

また、裏社会における善悪や倫理観についても描かれ、”一般社会では到底受け入れられない”ものの、彼らの中に確かに存在するものへの理解も深まる。

この映画では、“マフィアに憧れた”ヘンリー・ヒルという名の少年を通して、そうしたマフィアや裏社会の現実を見事に描き切っている。

一見すると裏社会の人間は羽振りがよく、贅沢三昧の羨ましい生活を送っているように見えるが、一歩でも足を踏み外すと一般社会の比ではないくらい結果は残酷だ。

レイ・リオッタの怪演

ロバート・デ・ニーロやジョー・ペシを差し置いて、レイ・リオッタが凄まじいまでの存在感を放つ。

キリッとした青年が一人前のギャングとして頭角を現し、一目置かれ、転落し、最後はコカインに溺れて詰むまでの流れを、「本人が憑依したのか?」というレベルで熱演。

ジミー(ロバート・デ・ニーロ)の残忍性、トミー(ジョー・ペシ)の狂気性も忘れがたいが、成功、失敗、転落を一人で演じきったレイ・リオッタには敵わない。

地味にソプラノズ組が大集合

マフィア・ドラマの傑作『ザ・ソプラノズ』。

実は本作『グッドフェローズ』には、後に『ザ・ソプラノズ』に出演する俳優が多数出演している。

▼両方に出演している主な俳優▼

俳優 グッドフェローズ ソプラノズ
ロレイン・ブラッコ カレン メルフィ
マイケル・インペリオリ スパイダー クリストファー
トニー・シリコ トニー ポーリー
フランク・ヴィンセント ビリー フィル
ヴィンセント・パストーレ ビッグ・プッシー 従業員
スザンヌ・シェパード カレンの母 カメーラの母
トニー・ダロウ ソニー ラリー
トニー・リップ フランキー カーマイン
スポンサーリンク

まとめ

色褪せないギャング映画の傑作。

実話ベースならではの説得力とリアリティが凄まじく、ロバート・デ・ニーロ、レイ・リオッタやジョー・ペシの演技が作品に命を吹き込む。

関連記事>>>【感想・評価】『カジノ(ネタバレ)』レビュー

【感想・評価】『カジノ(ネタバレ)』レビュー
マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演のクライム映画『カジノ』のレビュー。