【感想・評価】『gifted/ギフテッド』レビュー

洋画レビュー
原題 gifted
公開日 2017年4月12日
出演者 クリス・エヴァンス,マッケナ・グレイス,リンジー・ダンカン,オクタヴィア・スペンサー,ジェニー・スレイト
ストーリー メアリーはいわゆる天才児。

これまで叔父と平和に生活していたメアリーだったが、彼女が小学校に通い始めたことを機に、メアリーを取り巻く環境が大きく変化していく。

クリス・エヴァンス主演のヒューマン・ドラマ『gifted/ギフテッド』のレビュー

gifted/ギフテッドの感想/評価

天才児の育て方

この映画は簡単に言えば「天才児の育て方」を考える作品。

主人公のメアリーはいわゆる【天才児】であり、「3×4は?」程度の授業では全く満足できません。

そんな彼女のような【天才児】には”ハイレベルな私立学校が相応しい”と考えるものですが、保護者のフランクは頑なに公立の小学校に通わせようとする。

フランクは自身の経験を踏まえ「メアリーは”普通の子供”のように育てる」と主張するが、彼以外の人たちは「英才教育を受け、社会に貢献すべき」と主張します

  • 【天才児】は英才教育を受けるのが幸せか
  • 【天才児】であっても、普通の子供として過ごすのが幸せか

この映画はこうした難しい問題を問いかけて来るが、最後にメアリーなりの答えが示される。

彼女はフランクも、それ以外の人たちも想定していなかった生き方を選択し、人の生き方は簡単な二択だけではなく、視野を広げればもっと違う生き方があることを教えてくれる。

子供への愛情をテーマにしたことの意味

この映画は【天才児】ではなく「子供への愛情」という普遍的なテーマを描いています。

それによって、メアリーとその周りの人たちが等身大に感じられるようになっており、観ている間は感情移入しっぱなしでした。

当然、まるで本物の親子のように感じるクリス・エヴァンスとマッケナ・グレイスの演技も素晴らしかった。

まとめ

是非とも、手元に置いておきたい一作。

私にとってはデジタル版を消費するのではなく、リテール版を購入して何度も見返したいと思える数少ない作品です。