【感想・評価】『ゲッタウェイ スーパースネーク(ネタバレ)』レビュー

洋画レビュー

イーサン・ホーク主演のアクション映画『ゲッタウェイ スーパースネーク』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ゲッタウェイ スーパースネークのストーリー

元プロレーサー・マグナ。

“謎の男”に妻を誘拐された彼は、”謎の男”に命令されスポーツカーで街中を激走することに。

ゲッタウェイ スーパースネークの出演陣

役者 役名
イーサン・ホーク マグナ
セリーナ・ゴメス 少女 など

感想

ストーリーは”あってないようなもの”

イーサン・ホーク演じる主人公・マグナ。元プロレーサーの彼は謎の男に妻を誘拐される。

結局、”謎の男”の目的は─

  • 投資銀行からデータを奪うため

だったわけですが、それにしては作戦に運要素が絡みすぎる。

主人公・マグナを脅して街中を激走させる必要はありませんし、警察の注意を引く理由なんてもっとありません。

無駄に注意を引くことで「マグナが途中で捕まってしまったら?」「車が故障してしまったら?」「ガス欠になってしまったら?」など、次々と疑問が湧いて来ますが、映画では一切無視。

また、セリーナ・ゴメス演じる少女も「なぜ、いるのかよく分からない」。

一応、彼女は”投資銀行のCEOの娘”という設定ですが、別にそれを作戦に役立てることもなく、ただ助手席に座らせているだけです。

この映画のストーリーに限れば、単に発電所を爆破して停電を起こし、手下のバイカーにデータを回収させれば済む話なので、マグナも少女も不要です。

カーアクションは迫力満点

イーサン・ホーク演じるマグナと、セリーナ・ゴメス演じる少女。

“ノーCG”のカーアクションは迫力満点でした。

市内を激走するシーンや最後の長回しなどは非常に迫力がありました。

また、車内や車外に取り付けられた小型カメラによる映像も、他のアクション映画とは一線を画する雰囲気を作り出しており、これも良いアクセントになっていました。

まとめ

カーアクションだけの映画でした。

ほんとストーリーは酷い有様ですが、カーアクションはそれなりに見応えがあったので、B級ながらも意外にも後味は良かったです。