【感想・評価】『エントラップメント(ネタバレ)』レビュー

クライム映画のレビュー

ショーン・コネリー主演のクライム映画『エントラップメント』のレビュー。

紹介

エントラップメントのストーリー

ある名画の盗難事件は保険会社に莫大な損害をもたらした。

この事件の犯人が名高い窃盗犯・マックの仕業だと睨んだ保険会社の社員・ジンは、彼を捕まえるためにある作戦を計画する。

エントラップメントの出演陣

役者 役名
ショーン・コネリー マック
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジン
ヴィング・レイムス アーロン
ウィル・パットン ヘクター
モーリー・チェイキン グリーン など

感想

ご都合主義とミスリードの果てに…

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるジン。

この映画の致命的な欠点は最後の”どんでん返し”が全く刺さらないこと。

確かに、数々の矛盾点や疑問点は”どんでん返し”によって回収されるわけですが、そこに至るまではずっと頭に「?」が浮かんだ状態です。

「ジンとグリーンはどこで繋がってたの?」「アーロンとヘクターの関係は?」「なんでヘクターはFBIと一緒に動いているの?」などなど。

言わば、この映画の”どんでん返し”は答案用紙のようなものであり、「あとはそれを見ながら各自、矛盾点や疑問点を潰してくださいね」と言われているような感じです。

なので、「やられた!」というよりも「良かった、ちゃんと答えがあったんだ」という安堵感の方が強く、どんでん返しとして全く機能していません。

ショーン・コネリー演じるマックと、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるジンがヘリポートで会話しているシーン。

あと、これも厄介なのですが”単にご都合主義的な展開だった”ということも多い。

「(おとり捜査だったなら)なんでマックはヘクターに連絡したジルを責めたの?」「ヘクターはなぜ、ジルを止めに来たの?」「なんで、仮面を盗んだ段階で逮捕しなかったの?」など。

この映画では伏線としての謎と、ご都合主義が生む謎が混在するという”混ぜるな危険”が実際に起きてしまっているので、非常に頭が混乱します。

全体的に”思いついたことをそのまま脚本に採用した”ような印象を受けます。

ショーン・コネリーが渋い

ショーン・コネリー演じるマックが、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるジンにドレスをプレゼントするシーン。

70歳目前でもショーン・コネリーの渋さは健在です。

ショーン・コネリーの代表作である「007」シリーズを彷彿させるシーンもチラッと用意されており、彼のファンであればより楽しめるかと思います。

あと、マックやジンが博物館や銀行に押し入るシーンも見せ場として機能しており、映画を引き締めるスリリングなシーンでした。

関連記事>>>【ショーン・コネリー】全て観た私がオススメの007を紹介!

【ショーン・コネリー】全作制覇した私がオススメの「007」を全て紹介!
この記事では、"ショーン・コネリーのボンド映画"を全て観た私がオススメを紹介します。▼007シリーズの感想記事▼ 【感想・評価】『007 ドクター・ノオ(ネタバレ)』レビュー 【感想・評価】『007 ロシアより愛をこ

まとめ

ショーン・コネリーに免じて強くは言いませんが、それなりにヒドイ映画でした。

ショーン・コネリー&キャサリン・ゼタ・ジョーンズという実力派が揃っていながらも、肝心の脚本が粗い仕上がりになっており、2人の演技が虚しく画面上に映し出されます。