【どれを見れば良い?】全作見た私がオススメの「ダイ・ハード」を紹介!

おすすめ映画

先日、「ダイ・ハード」シリーズを制覇したので、現時点でのオススメをランキング形式で紹介していきます。

プライム・ビデオで全作100円レンタルしていました

▼関連記事▼

スポンサーリンク

オススメのダイ・ハードをランキング形式で紹介

【第一位】ダイ・ハード(1)

上映時間 131分(シリーズ最長)
ストーリー ”居てはいけないタイミングにたまたま居合わせてしまった”不運なデカ、ジョン・マクレーンは【ナカトミ・プラザ】に立て籠もった強盗団と死闘を繰り広げる。

やはり、シリーズ一作目にあたる『ダイ・ハード(1)』が一番。

  • 単純明快ながらも巧みな脚本
  • ナカトミ・プラザという閉鎖空間
  • “不運なデカ”というユニークなキャラクター
  • 限られた環境を活用して犯人と死闘を繰り広げる

というシリーズの特徴が全て凝縮されており、まずは”これを観ておいて間違いない”と断言できる「ダイ・ハード」になっています。

【第ニ位】ダイ・ハード 4.0

上映時間 129分
ストーリー 12年ぶりにスクリーンに帰って来たジョン・マクレーンは、ハイテク機器を駆使して米国全土を攻撃するテロリストに”アナログ”で挑む。

実に12年ぶりに復活したシリーズ四作目が第二位。

  • 監督がダイ・ハードの熱狂的なマニア
  • 相応に年齢を重ねたキャラクターたち
  • お気楽とシリアスのバランス感覚が絶妙
  • 技術の進歩によってよりド派手になっている
  • ハイテクに挑む、アナログなマクレーンという構図

という点においてオススメできる一作。

特に”年齢を重ねて大人になった”マクレーンが非常に味わい深く、その年齢だからこそ語れる台詞の数々と、そんなおっちゃんが満身創痍で奮闘する姿はやけに感動的でした。

【第三位】ダイ・ハード3

上映時間 128分
ストーリー NY市内に仕掛けた爆弾を解除すべく、ジョン・マクレーンは知能犯と知的なゲームを繰り広げる。

サミュエル・L・ジャクソンが相棒として登場する三作目が第三位。

  • NY全体を巻き込むスケール感
  • 良い意味で典型的なバディもの
  • CGに頼らない派手な演出の数々

という点においてオススメできる一作。

シリーズの中でも特にスケール感とストーリーの構造がユニークな作品になっており、これまでに紹介した『ダイ・ハード(1)』『ダイ・ハード 4.0』とは一味違う「ダイ・ハード」になっています。

【第四位】ダイ・ハード2

上映時間 124分
ストーリー またしても”居てはいけないタイミングにたまたま居合わせてしまった”不運なデカ、ジョン・マクレーンは空港で発生した旅客機を巻き込むテロ事件を単独で捜査する。

世界的に大ヒットした『ダイ・ハード(1)』の続編。

  • 空港という閉鎖空間
  • 一作目よりはスケール感がある

という点が特徴として挙げられる一作。

前作の大ヒットによってお金の掛かった続編になっていますが、一方で脚本の緻密さや印象的な悪役が欠けており、この辺りは好みが分かれそうです。

【第五位】ダイ・ハード/ラスト・デイ

上映時間 98分(シリーズ最短)
ストーリー マクレーン親子がロシアで大暴れ!息子・ジャックがロシアで死刑判決を待つ身であると知ったマクレーンは単身でロシアに乗り込む。

ジョン・マクレーンの息子・ジャックが登場する第五作目。

  • シリーズ初の外国が舞台
  • ジョンとジャックのバディもの

という点が特徴として挙げられる一作。

正直、「ダイ・ハード」というよりはブルース・ウィリス主演のアクション映画になっており、前作の大ヒットを受けて製作された”続編のための続編”という感じです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、”【どれを見れば良い?】全作見た私がオススメの「ダイハード」を紹介!”でした。

最後にこの記事をまとめておくと─

  • 【第一位】ダイ・ハード(1)
  • 【第ニ位】ダイ・ハード 4.0
  • 【第三位】ダイ・ハード3
  • 【第四位】ダイ・ハード2
  • 【第五位】ダイ・ハード/ラスト・デイ

ということになります。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

▼関連記事▼