【感想・評価】『ザ・アウトロー』レビュー

洋画レビュー

ジェラルド・バトラー主演のクライム映画『ザ・アウトロー』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ザ・アウトローのストーリー

現金輸送トラックが盗まれる。

型破りな捜査官ニックは、トラックを盗んだ強盗グループを追跡、彼らの本当の目的を捜査する。

ザ・アウトローの出演陣

役者 役名
ジェラルド・バトラー ニック
パブロ・シュレイバー レイ
オシェア・ジャクソン・Jr ダニー
50セント エンソン
メドウ・ウィリアムズ ホーリー など
スポンサーリンク

感想

強盗シーンや銃撃戦は銃声と臨場感あるカットによって迫力があり、映画『ヒート』さながらのアクションシーンが展開される。

特に冒頭のスマートな強盗シーンは素晴らしく、「これは期待できる」と思わせる。

しかし、アクション以外の部分がおざなり。

特にストーリーの面で「?」になることが多く、せっかくアクションに集中しているのに粗いストーリーのおかげでアクションに集中できない。

具体的には、主人公・ニックのチームは強盗グループ内に内通者を作るが、ニックは意味もなく、その内通者を危険に晒す真似をする。

一応、ニックには”内通者と他の強盗メンバーの関係を煽って情報を得る”という考えがあったようだが、常識的に考えて内通者が殺される可能性の方が高い。

また、大渋滞の中で警察側から銃撃戦を仕掛けたり、ニックがやたらと主犯格と接触したりする意図も分からず、多くの面で「?」な展開が目立つ。

あと、無駄に感じるシーンが本当に多い。

ニック夫婦のいざこざや犯人側の家庭事情など、終わってみればストーリーに大きく関係しないことに時間が割かれており、間延びしている。

長い尺を使っている割りには、警察側も強盗側もメンバーのキャラクター性があまり深堀りされておらず、全くと言って良いほど印象に残らない。

正直、2時間20分を有効活用できていない。

スポンサーリンク

まとめ

結果的には期待外れのアクション映画だった。

マイケル・マン監督の『ヒート』、ベン・アフレック監督の『ザ・タウン』へのリスペクトを感じる作風だが、細部が甘く、全体的にイマイチな作品だった。