Xbox One Xでも遊びたい、おすすめのXbox Oneゲームを6本激選して紹介。

SHARE

Xbox One Xでも遊びたい、おすすめのXbox Oneゲームを6本激選して紹介。

ようやく日本でもローンチされる『ギアーズ・オブ・ウォー4』。この記事では、それと併せて買いたい「お一人様」でも楽しめるシングルプレイゲームを紹介していく。

記事の対象

  • 初めてゲームハードを買う
  • 洋ゲーを欲している

Xbox Oneの良いところを自分なりにまとめた

一挙紹介

ウォッチ・ドッグス2 – 推定プレイ時間30時間弱

こちらも、「自分で考えて進めていくことが好きなプレイヤー」にオススメしたい一作。サンフランシスコ全体がプレイヤーの遊び場で、ハッキングを駆使して自分流の遊び方でミッションを攻略していくことが出来る。

また、オンラインプレイも用意されており、Coopや中毒性がある鬼ごっこは時間を忘れて没頭してしまうほどのポテンシャルを秘めている。

完全クリアした筆者のレビュー

クォンタム・ブレイク – 推定プレイ時間20時間弱

ゲームプレイと実写ドラマが融合した移植の一作。ゲームプレイ時の選択が実写ドラマに影響を与える点がユニークで、実写ドラマに関してもショーン・アシュモア、ドミニク・モナハンやエイダン・ギレンと言った有名俳優が出演するガチな内容になっており、普通に面白い。

また、時間を操作できる特殊能力を駆使して遊ぶシューティングも面白く、それらを「まるでお好み焼き」のようにごちゃ混ぜにして遊ぶ内容は面白い。

一周半した筆者のレビュー

フォールアウト4 – 推定プレイ時間80時間弱

核戦争で荒廃したボストンを旅する大作RPG。一応メインミッションは存在するが、それを進めるも進めないもプレイヤーの自由で、それらを放置してコンパニオンと共に「自分だけの遊び」に没頭することも出来る。

また、サブ要素の『マインクラフト』的な建築拠点開発と、タワーディフェンスゲーム的な襲撃イベントも面白く、非常に長く遊べる一作になっている。

ちなみにXbox版でもModを使うことが出来る。

大半のエリアを踏破した筆者のレビュー

メタル・ギア・ソリッド5 ファントム・ペイン (MGSV TPP)- 推定プレイ時間50時間弱

サンドボックス型ステルスゲームで、プレイヤーが自分で考えてミッションを攻略していくことが楽しい一作。サンドボックスと絶妙に融合した硬派なゲームプレイは面白く、大規模な収集・開発と言ったサイド要素も長く遊べる。

後半のペース配分は問題アリだが、それを差し引いてもステルスゲーム好きならば見逃すべきではない一作になっている。

80時間でクリアした筆者のレビュー

ライズ・オブ・ザ・トゥーム・レイダー – 推定プレイ時間25時間弱

全体的にカジュアルな一作で、手軽にハリウッド映画的なシーンを楽しめるのが特徴。クラフトやスキル要素などは広く浅くなのだが、その手軽さがとても良い。

まるでジェットコースターに乗っているかのようなスピード感あるメインミッションと、少し頭を使う謎解きのバランスも良く、PSのアンチャーテッドシリーズが好きな人にオススメしたい作品。

前作と一緒にクリアした筆者のレビュー

デウス・エクス マンカインド・ディバイテッド – 推定プレイ時間25時間弱

プレイヤーの「選択」「決断」を重視したゲームプレイが特徴。複雑に分岐していく物語、様々な遊び方で攻略できるミッションなど、「自分で考えて進めていくことが好きなプレイヤー」にオススメしたい一作。

ノーキルでクリアした筆者のレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です