『Monster Hunter: World』のPC版だけ発売が遅れる理由。

スポンサーリンク

PlayStation 4版とXbox One版(日本除く)の発売が約2週間後に迫る『Monster Hunter: World』。

既に伝えられている通り、PC版(日本除く)の発売は”今年の秋”を予定しており、コンソール版からは半年以上も遅れて発売されることになる。

この件を同作のプロデューサーである辻本良三氏は、海外メディアGamesRadarとのインタビューの中で、”可能な限り良い状態でリリースするため”と語っている。同氏は『Monster Hunter: World』が「私たちにとって初のPC向けタイトルになる」と語り、コンソール版の発売後はPC版の方に全力を傾けられるとしている。

それに加えて、コンソール版ではPlayStation NetworkXbox Liveと言ったマッチングシステムを利用できるが、PC版では独自のシステムを用意する必要があることも明かしている。

そして、PCユーザーに対して「完全に最適化されたPC体験のために、もう少し辛抱して頂けると幸いです」と付け加えている。

なお、『Monster Hunter: World』は今月26日に日本ではPlayStation 4向けに発売される。


情報元 – PC GAMER

関連記事


スポンサーリンク

シェアする