Youtuberがバカなことをするワケ。

スポンサーリンク

昨年も多くの迷惑系Youtuberが誕生した。

先日も、自殺者を冒涜する動画をアップした人気Youtuberが大炎上しており、今年もその界隈では様々な出来事が起こりそうな予感がする。

この記事では「一体何が彼らを迷惑系ユーチューバーにするのか?」について考えたい。

スポンサーリンク

彼らが迷惑行為をするワケ

大前提として、大半のYoutuberはGoogle AdSenseを通して広告収入を得ている。

で、その広告収入は”広告単価×PV”で決まるので、毎月まとまった額を得るためにはPVを稼がなければならない。また、一般的に広告単価は0.1円~0.2円と言われており、仮に0.1円であれば200万PV/月を達成してようやく20万円の広告収入が得られる計算になる。

(なお、広告単価に関してはジャンルや視聴時間など様々な要因で上下する)

コンスタントに毎月20万円の広告収入を得るためには、一日辺り約6.6万回も再生されるチャンネルを作る必要がある。そして、経験上1本の動画が毎日6.6万回も再生されることは稀で、基本的には一部のエース動画を筆頭に何十本もある動画がジワジワと再生されることになる。

200万pv/月の道のりは険しい。毎日、一定の質を保ちながら動画をアップし、誰も見てくれない期間を耐える必要があるからだ。そしてその期間が終わるかどうかも分からない。そんな中で運良く注目されたYoutuberがスターダムへとのし上がっていく。

しかし、手っ取り早く注目を集めてPVを稼ぐ方法もある。それが炎上芸だ。

チェンソーを持って宅配業者を襲撃したり、警官の前で”白い粉”を落とすイタズラは、良くも悪くも注目を集める。愚直に質の高い動画をアップし続けることが出来ない、そもそもアイデアを捻り出す頭を持っていない者たちにとって、倫理観が欠落した迷惑行為は「手っ取り早く」「確実」に注目を集められる格好のネタになるのだ。

私たちがすべきことは?

「拡散に参加しない」一点に尽きる。

問題の動画をリツートして言及したり、自身のブログやWebサイトで批判することは=彼らの利益になっていることに気づくべき。

某ゲーム系迷惑サイトを毛嫌いしている人たちが、それを主張するために彼らのサイト名を挙げるのだが、むしろ”それが連中の宣伝になっている”皮肉と同じで、正義感に駆られてした行為が逆に彼らの利益になっていることがあるというのは、頭の片隅に置いておきたい。

しかし、一方で”より良くするための行動”は起こすべきだと考える。この場合、粛々とYoutubeや広告主にクレームを入れれば良い。

以前、”健全ではない”動画に自社の広告が配信されることを懸念した、大手広告主がYoutubeから撤退する出来事があったように、広告主へのクレームは効果的である。

ちなみに、バッドマークを押すために動画を開くのは控えるべきだと私は思う。なぜならその1回も再生1回にカウントされるからだ。

結論

相手の利益になることはしない。一切しない。

関連記事


スポンサーリンク

シェアする