スポンサーリンク

UNCHARTED: The Lost Legacy – Gaming Diary

滝にも負けず。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

PS4(スタンダード)で『UNCHARTED: The Lost Legacy(アンチャーテッド 古代神の秘宝)』をプレイ開始。

余談だが、『Uncharted 4: A Thief’s End(アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝)』を予約購入していれば、価格はそのままでシーズンパスを貰うことができた。そのシーズンパスには今作が含まれているので、今から思えばあのキャンペーンはお買い得だった。

スポンサーリンク

「共闘」と「既視感」

UE4同様に白熱している銃撃戦。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

今は第3章の途中なのだけれど、常にNadine Rossが隣に居る。彼女は言わば主人公Chloeの相棒なのだが、積極的にプレイに介入してくるので「UNCHARTED 4」よりも”共闘している感”がある。

特にこれはステルスプレイ時に顕著で、敵が近くを通るものなら確実に仕留めてくれ、ときにはこっちの獲物さえも奪ってしまうときがある(稀ではあるけれど)。

また、敵との交戦中でも安心して背中を任せられる。銃の腕はさることながら、武装した敵の下へ一目散に向かってボッコボコにする彼女はとても頼もしい。

一方で、「UNCHARTED 4」から変化がないゲームプレイ面には強い既視感を覚える。ロープを駆使した立体感ある戦闘や、ステルスとアクションの境界線が曖昧な戦闘シーンなど、ほぼ全ての要素が「UNCHARTED 4」からの流用になっているからだ。

今回もワイドリニア

今回は探索するスポットがたくさん。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

「UNCHARTED 4」同様に「ワイドリニア」のエリアが登場するのだが、今回は「UNCHARTED 4」よりも探索要素に力が入っている。探索要素は任意ミッションながらも、それらを求めてエリアを散策するのは「UNCHARTED 4」よりも楽しい。

探索要素自体は、手書きマップを頼りに車を走らせて財宝の在り処を探し出し、そこで簡単なパズルを解くことを繰り返すシンプルな内容だが、今はこれらをちまちまと消化中。

「UNCHARTED 4」のレビューにも書いたように、私はこの「ワイドリニア」は好きでない。けれども、今回は「遊び」が増えているので、「UNCHARTED 4」ほど退屈なシークエンスでは無くなっているのは確か。

完走(クリア)

無事に完走したのでレビュー「王道的なUNCHARTED。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』」を投稿。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする