AIいわく『Watch Dogs 3』は開発中。

YoutubeのUbisoftファンチャンネル”UbiCentral”を始め、複数の海外メディアが未発表の『Watch Dogs 3』に関するニュースを報じている。

前の記事>>>Watch Dogs 2 レビュー

VG247によれば事の発端は、Ubisoftが仕込んだエイプリルフールネタ。
今年はWatch Dogsに登場するハッカー集団”DedSec”をモチーフにしたミニゲームが用意されたのだが、それに合わせて公式Twitterでは、同シリーズの宣伝文句に使われる”Everything is connected”を意識した(と思われる)”This is Everything.”というフレーズが投稿された。

さらに、この期間中にUbisoftのアシスタントAI(一部地域限定)にWD3の質問を投げると、そのAIは”WD3はまだ終了していないが、最新の初期ビルドを試したところ、それはとても確かなものでした”と返答し、”開発チームは素晴らしい仕事をしている! 君がそれを試すのが待ちきれない!”とも答えた。

こうした経緯があり、単なるエイプリルフールネタではなく、「実は新作のプロモーションなのでは?」という声が上がっている。

一連の騒動は、先ほども紹介したUbiCentralが動画で紹介している↓

スポンサーリンク

シェアする