【評価/感想】The Vanishing of Ethan Carter【批評/レビュー】

スポンサーリンク

the-vanishing-of-ethan-carter-16071501

「フォトグラメトリー」を用いた美しいグラフィックと、猟奇的なストーリーが話題を呼んだ一作。

プレイヤーはある私立探偵として、忘れ去られた廃村で起きた猟奇的な事件の真相を追求する。

なお、同作にはプロの翻訳家による日本語化Modが存在する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

廃村を探索するアドベンチャーゲーム

the-vanishing-of-ethan-carter-16071502

いわゆる、Walking Simulator

ゲームプレイはエリアの探索やパズルが中心で、プレイヤーは時おり挟まれる主人公の独白に耳を傾け、拾った手紙を自分なりに読み解きながら足を進め、Ethan Carterの周辺で起きた猟奇的な事件の真相を暴いていくというのが流れ。

まず、大半のパズルは「周囲を探索→インタラクション」という風にパターン化されているが、最後に”時系列順に出来事を整理する”推理要素が入るため、しっかりと頭を使わせてくれる。

それ以外のパズルに関しても、周囲の環境を利用したものから、ノーヒントでは厳しいものまであり、全体的なパズルの完成度は高いと感じる。

肝心のストーリーも力が入っている。

ストーリーの根底には「家族の問題」という重いテーマがあり、それをリアルとファンタジーが交差する演出で描き、最後はプレイヤーにとっても身近で共感できるお話に落とし込んでいる。

欠点は、オープンワールドにも関わらずミニマップや目的が一切表示されない点、好きな順番で進められるえゆに、最後の最後で取りこぼしが起きる可能性がある点。

私はエンディングの一步前で、取りこぼしを回収するためにエリア間をマラソンする羽目になり冷めてしまった。

グラフィックは単純に美しい

実物をスキャンする、「フォトグラメトリー」を用いたグラフィックは美しく、目に入るモノが全て(恐らく)実物であるため、ゲーム世界には説得力がある。

その一点だけをじっと見つめていると段々と実写に見えてくるほど。

また、実写映像を目指したグラフィックではなく、”全体的にデフォルメされたグラフィック”のおかげで、実写との違いに目が行く事もなく純粋に美しく見える。

スポンサーリンク

総評

the-vanishing-of-ethan-carter-16071503

一部の欠点は無視できないが、4時間にも及ぶ物語主導型のゲーム体験はとても充実しており、そうした欠点は些細なことに感じられる。

基本的には「歩くゲーム」なので、ミステリアスな海外ドラマを見るという感覚で遊ぶと良い。