スポンサーリンク

【評価/感想】The Vanishing of Ethan Carter【批評/レビュー】

ゲームレビュー

山村での猟奇的な出来事を描くアドベンチャーゲーム。
本作は【フォトグラメトリー】という技術を用いて構築された美しい世界がウリであり、プレイヤーは私立探偵として”忘れ去られた”廃村を調査する。

プロの翻訳家による日本語化Modが配布されている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価できる2点

廃村を舞台にした推理モノ

the-vanishing-of-ethan-carter-16071502

いわゆる、ウォーキング・シミュレーター。
ゲームプレイは探索とパズルから構成されており、プレイヤーは時おり挟まれる主人公の独白に耳を傾け、拾った手紙を自分なりに読み解きながら足を進めながら、Ethan Carterの周辺で起きた猟奇的な事件の真相を暴いていく。

まず、肝心のパズルはちゃんと頭を使わせる内容。
【周囲を探索】=>【オブジェクトに触れる】というようにパターン化されているが、最後に”時系列順に出来事を整理する”推理要素が入るので、程よく頭を使わせてくれるパズルに仕上がっている。

肝心のストーリーも力が入っている。
ストーリーの根底には「家族の問題」という重いテーマがあり、それをリアルとファンタジーが交差する演出で描き、最後はプレイヤーにとっても身近に感じるお話に落とし込んでいるので、共感を生むストーリーになっている。

【欠点】時おりテンポが悪い

オープンワールドにも関わらずミニマップや目的が一切表示されない。
なので「次は何をすべき?」と足が止まることが割りと多く、最後の最後で取りこぼしが発生して、エンディング目前でエリア間をマラソンする羽目になってしまった。

話題のグラフィックは美しい

【フォトグラメトリー】を用いたグラフィックは美しい。
現実世界のオブジェクトをスキャンしてゲーム内に取り込んでいるので、目に入るもの全てに説得力がある。

その一点だけをじっと見つめていると段々と実写に見えてくるほどだ。

なお、グラフィック自体は”デフォルメ”されている。
その分だけ、実写との違いに目が行くこともなく、純粋にゲーム世界に没頭できる。

スポンサーリンク

総評

the-vanishing-of-ethan-carter-16071503

ストーリーとゲーム世界共に充実したアドベンチャーゲーム。

一部の欠点は無視できないが、4時間にも及ぶストーリー導型のゲーム体験は忘れがたいものであり、些細な欠点は大した問題ではない。