【ネタバレ】トゥームレイダーのストーリーを紹介/解説/考察。

ゲームストーリーを解説
ゲームストーリーを解説
この記事は約4分で読めます。

リブート版『トゥームレイダー(2013)』のストーリーを紹介/解説/考察。

TR(2013)のストーリー

スポンサーリンク

船が難破する

ララ・クロフトは【卑弥呼の伝説】を調査すべく、邪馬台国を捜索する。
ララ一行を乗せた船は、日本海の【ドラゴントライアングル】と呼ばれる海域を航行していたが、突如として激しい嵐に見舞われ、船は難破してしまう。

スポンサーリンク

無人島に漂着する

ララは洞窟で意識を取り戻す。
彼女は手足を縛られ、宙吊りにされていた。

彼女は何とか拘束を解き、見張りの男に襲われながらも脱出に成功。
自身が無人島に漂着したことを知る。

その後、ララは乗組員のサムとマサイアスと名乗る男と合流。
だが、目覚めるとサムもマサイアスも姿を消していた。

続けてララは他の乗組員とも合流。
ララとホイットマンは依然として行方不明のロスを捜索し、それ以外のレイエス、ジョナサンやアレックスやグリムは、サムとマサイアスを捜索することに。

この無人島が邪馬台国であることを知る

ララはホイットマンと共に島を探索する。
その過程で、かつての島民が卑弥呼のために働いていた証拠を発見し、この島が【邪馬台国】であることを知るのだった。

スポンサーリンク

島民に囚われる

ララは島民の一団に囚われる。
グループのリーダーであるウラジミールと戦い、彼女は初めて人を殺す。

ロスと合流、救助要請を発信

その後、ロスと合流。
ララはロスの無線機を使って救助要請すべく電波塔へと向かう。

無事に救助要請を送ることに成功し、捜索隊がやって来る。
しかし、あと一歩のところで捜索隊が乗る飛行機が嵐によって墜落し、島からの脱出に失敗する。

オニとの遭遇

ララは危険を承知で捜索隊の捜索に向かう。
だが、その途中で敵の一団に襲われる。そして「オニ(鬼)」と呼ばれる謎の武士にも遭遇。

スポンサーリンク

サムとマサイアスを発見

その後、マサイアスと共に姿を消したサムを発見。
彼女は今にも火炙りにされるところであり、ララは救おうとするが逆に囚われてしまう。

しかし、サムが死ぬことは無かった。
火炙りにされる寸前に風に煽られた水しぶきによって火が消えた。

その様子を見たマサイアスはサムを特別な人間だと確信した。
「サムの血には卑弥呼の血が流れている」と話した。

マサイアスの正体

マサイアスはその島のカルト教団「ソラリ」の教祖だった。
信者はこの島に漂着した生存者であり、マサイアスはサムを生贄にすることで自由になれると信じていた。

これまでにも島に漂着した生存者を生贄に捧げてきた。

スポンサーリンク

またしても孤立無援に

紆余曲折を経て、ララはロスが乗るヘリまでたどり着く。
しかし、他の仲間は地上に取り残されたままであり、ララは着陸するように求める。

次の瞬間、ヘリが墜落する。

マサイアス一団の襲撃

ヘリが墜落してすぐにマサイアス一団の到着。
敵からの攻撃によってロスが死亡する。

その後、生き残った乗組員のレイエス、ジョナサンやアレックス、そしてサムが合流する。若干遅れてホイットマンも合流。

そしてレイエスは海岸に放置された古い船の話をする。
ララ一行は海岸に向かい、その船を修理して島から脱出する作戦を考案する。

スポンサーリンク

太陽の女王の力

しかし、ララは「島は力に守られている」と主張。
島から脱出するためにはその力を解き、嵐を収める必要があると話す。

ララは嵐を止める方法を調査する。
そして、ララは島の寺院に”嵐をコントローラする”ものがあることを突き止め、そこへ向かうのだった。

スポンサーリンク

再度、サラが誘拐される

ララが嵐を止める方法を調査していた頃、他の生存者たちはマサイアス一団の襲撃を受ける。

ホイットマンはサラを連れ去り、マサイアスの下へと向かってしまった。

ホイットマンは学者。
自身の目で卑弥呼の存在を確認し、名前を売ろうとした。
スポンサーリンク

マサイアスの後を追う

ララ一行は寺院へと向かう。
寺院は【嵐の防人】と呼ばれる【オニ】が守っていた。

マサイアスとホイットマンは【嵐の防人】にサムを差し出すが、「女王」という言葉を聞いた途端にホイットマンに襲いかかる。マサイアスはそのスキにサムを連れて寺院へと逃げ込む。

死闘の末にララも寺院に入ることに成功。
そして【卑弥呼の伝説】の真相を見ることに。

【真相】卑弥呼とは?

卑弥呼とは、その魂を持つ者のことであった。
代々、卑弥呼の魂は受け継がれており、その魂は次の器(魂が収まる体)を求めていた。

次に卑弥呼の魂が収まる器、それがサムだった。

要するに島の周辺の嵐は、行き場を失った魂の怒りだったのだ。

スポンサーリンク

マサイアスと対決、サムを救出

マサイアスはサムに卑弥呼の御霊を移す儀式を始める。
だが、ララはマサイアスを倒し、サムを救うことに成功。次に卑弥呼の胸に松明を刺し、彼女の亡骸を焼き払うのだった。

スポンサーリンク

島から脱出

ララが卑弥呼を倒したことで、嵐は収まった。
その後、船に乗り込んで島を後にする。

これにてララ・クロフト最初の冒険が幕を閉じる。

まとめ

今作『トゥームレイダー(2013)』では、新生ララ・クロフトが描かれる。

なお、映画版『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は本作をモチーフしているので、本作ファンは必見である。

関連記事>>>トゥームレイダー ファースト・ミッション 感想
※別サイトにジャンプします

タイトルとURLをコピーしました