スポンサーリンク

【ネタバレ】ウィッチャー(1)のストーリーを紹介/解説/考察。

ウィッチャーまとめ

ウィッチャー(1)』のストーリーまとめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー

ゲラルト出現

ケィア・モルヘンにゲラルトが”出現”する。
魔術師トリス・メリゴールドの助けもあり、彼は一命を取り留めるものの、全ての記憶を喪失した状態であった。

なお、ゲラルトはすでに死亡したと思われていた。
これは本作以前の出来事になっており、原作の小説で描かれている。

【ケィア・モルヘンとは?】
“狼流派”と呼ばれるウィッチャーの拠点。

サラマンドラの襲撃

ゲラルトが出現して間もなく、今度は盗賊団の襲撃を受ける。
アザル・ジャブドと教授が統制するこの集団は、自らを「サラマンドラ」と名乗り、ケィア・モルヘンに総攻撃を仕掛けて来る。

このサラマンドラの襲撃によって、見習いウィッチャーだったレオが命を落とし、さらには【変異剤】が奪われてしまう。

【変異剤とは?】
人間をウィッチャー化する際に用いる劇薬

そして、サラマンドラに奪われた【変異剤】を奪還すべく、ウィッチャーたちは各地に散らばり捜索に当たるのだった。

ヴィジマでの騒動

ヴィジマに到着してすぐに大型モンスターを討伐する。
その際、炎の薔薇の騎士団ジーグフリードと出会い、お互いに一目置く存在となる。

ジーグフリードとは後の展開次第で仲違いする。

紆余曲折を経て、私立探偵レイモンド・マロイーヴと出会う。
彼もサラマンドラの被害者の一人であり、単独で調査を続けていた。利害が一致した2人は互いに協力してサラマンドラを捜索することに。

レイモンド以外にも、ゲラルトはテメリア王国のスパイであるザラーや、医学生のシェニーと出会う。さらにスコイア=テルの長であるヤエヴィンとも対面を果たす。

【スコイア=テルとは?】
非人間族から構成されるゲリラ部隊。
※『ウィッチャー2 王の暗殺者』では重要な役割を果たす。

真相

実はレイモンド・マロイーヴはすでに死亡していた。
現在の彼は”レイモンドに変装/変身した”アザル・ジャブドであり、ゲラルトとの協力関係を築いた後に殺害されていたのだ。

アザルはレイモンドになりすまし、ゲラルトを仕留める機会を伺っていた。

アザル・ジャブドを誘い出す

ゲラルトは騙されたフリをして、レイモンド(アザル)を沼地に誘い出す。
ゲラルトはワザと攻撃のスキを与え、それに釣られたアザルはすぐに正体を表し戦闘が始まる。

だが、あと一歩のところで教授が現れ、アザルと共に”門”を通って逃走する。

そして、ゲラルトは意識を失うのであった。

【門とは?】
“どこでもドア”のようなもの。

ヴィジマでの騒動 2

ゲラルトはヴィジマにあるトリス・メリゴールドの自宅で目覚める。

ゲラルトは、トリスの手を借り、ヴィジマにおけるサラマンドラの影響力を削いでいく。その過程でトリスが仲介者となり、女魔術師会や諜報機関とも協力関係を築く。

教授の首を取る

ゲラルト一行は、ようやくサラマンドラのアジトまでたどり着く。
再び、アザル・ジャブドと教授が率いる集団を剣を交える。今回は教授を倒すことに成功するが、またしてもアザルの逃走を許してしまう。

なお、教授の手紙から”フォルテスト王の妹アダがサラマンドラと繋がっている”ことが判明。

【フォルテスト王とは?】
テメリア王国の王。
アダはフォルテスト王と実妹に間に生まれた娘であり、ゲラルトとは親しい間柄。

その後、ゲラルトはアダ率いる軍団に包囲される。
だが、間一髪のところでトリスが魔力でゲラルトをマーキー・ウォーターズまでワープさせる。

ヴィジマでの騒動 3

ヴィジマは火の海と化していた。
ゲラルトがマーキー・ウォーターズでの騒動に巻き込まれている頃、人間に虐げられて来たスコイア=テルの不満が爆発して大暴動に発展していた。

また、この混乱の中ウィッチャーと同じ変異性を持つモンスターが出現。
サラマンドラは、ケィア・モルヘンで盗んだ【変異剤】をもとにモンスターを作り出していた。

混乱の最中、ゲラルトはフォルテスト王と謁見(えっけん)。
娘のアダの呪いが再発してモンスター化したことを告げられ、それに対処することを依頼される。この依頼が成功した暁には、サラマンドラ捜索に協力するという言質を取る。

サラマンドラの本拠地

無事にアダを助ける、もしくは討伐したゲラルト。

その後、ゲラルトは

  • サラマンドラの本拠地の場所
  • 主犯格の存在
    • 炎の薔薇の騎士団の長ジャック・ド・アルデルスベルグ

を知ることになる。

アザル・ジャブドを倒す

まずはサラマンドラの本拠地に急行。
そして、ゲラルトは遂にアザル・ジャブドを倒すことに成功する。

最終決戦

再度、ヴィジマに戻る。
そこでフォルテスト王に首尾を報告し、王からジャック・ド・アルデルスベルグの殺害依頼を受ける。

ゲラルトは戦火に見舞われる市街地を通り抜け、ジャック・ド・アルデルスベルグの根城である修道院へと向かう。

予想外の展開

修道院の中は避難民で溢れていた。
ジャック・ド・アルデルスベルグは避難民に衣食住を提供していたのだ。

真相

次の瞬間、ゲラルトは氷の大地にワープする。
実はこの場所は未来のヴィジマであり、ジャック・ド・アルデルスベルグは「今の世界は滅びる」と話す。

トリス曰く、ド・アルデルスベルグには予知能力が備わっており、それをゲラルトにも見せている状態とのこと。

決着

一連の出来事は、全て”来る終末の後に理想国家を作り、自分自身が統治者となるため”だったことが分かり、【変異剤】は不死の軍隊を作るために必要だったことが判明。

死闘の末にゲラルトは、ジャック・ド・アルデルスベルグを倒すことに成功。
そして盗まれた【変異剤】も回収。

エピローグ

ヴィジマ城にて、ゲラルトはジャック・ド・アルデルスベルグの一件の報酬を受け取る。

その際、フォルテスト王の暗殺現場に遭遇。
何とか暗殺者を仕留めて王を救うことに成功するが、その暗殺者もウィッチャーなのであった。

暗殺者の正体、目的は?というところでストーリーは終了する。

【補足】ベレンガーとは?

第1章からその足跡を追う謎のウィッチャー。

実は、ケィア・モルヘンにサラマンドラを誘導したのは彼。さらに”ストーリーを通してゲラルトやトリスが守った”少年アルヴィンをサラマンドラに引き渡すことも企てていた。

脅迫された以外の、彼がサラマンドラに協力した動機は不明。
ただ、ベレンガーは”なりたくてウィッチャーになったわけではない”ということを言っているので、ウィッチャーを裏切るハードルは低かったのかも知れない。

【ウィッチャーは子供を誘拐する?】
ウィッチャーに報酬を支払えない場合、ウィッチャーはその家の子供を代わりに持ち帰ることも。

アルヴィンとは?

古き血脈の子。
ゲラルトとイェネファーの養子であるシリと同じく、ワープ、予知や魔術などの特殊能力が備わっている。ゆえにサラマンドラに追われる。

なお、アルヴィンは『ウィッチャー3 ワイルドハント』内にメモを残している。

スポンサーリンク

まとめ

原作ネタが豊富なので、ゲーム版だけで全てを把握するのは困難。
この記事でもその辺りのフォローが十分ではないが、1作目のストーリーは理解できる内容になっているはずなので、是非とも参考にして欲しい。

コメント