スポンサーリンク

【評価/レビュー】小さなEllieの大きな冒険を描く。ラスト・オブ・アス 残された者(The Last of Us: Left Behind)【批評/感想】

銃を構えるエリー。『ラスト・オブ・アス』より。

『The Last of Us』より。

The Last of Us』唯一のシングルキャンペーンDLC。このDLCではEllieを主人公にし、本編の空白期間、そして彼女の知られざる過去を描く。

スポンサーリンク

これは”Ellieの”物語

プリクラ。『ラスト・オブ・アス』より。

このDLCでは「本編の空白期間」と「彼女の過去」が描かれる。

前者は、本編の主人公Joelが意識を失っていた時期の出来事、後者はEllieがJoelと出会う前の出来事で、どれも本編では語られていない内容。

これは、エリーがジョエルと出会う前の物語。

数週間前に軍の寄宿学校から脱走した親友のライリーが、ある夜、エリーの前に現れる。ライリーは驚くべき秘密をエリーに打ち明け、エリーを誘う。

こっそり寄宿学校を抜け出したふたりはショッピングモールへと向かうが、そこで、ふたりの人生を永遠に変えることになる出来事に出会うことになる……。

引用 – The Last of Us Left Behind ‐残されたもの‐

このDLCでは、この2つのお話を交互に展開し、全体を通してはEllieの内面的な”成長”が描かれている。1人のティーンエージャーが、過酷な世界での出来事を通して1人の”生存者”へと成長していく過程が見所になり、言わば”Ellieになるまでの物語”とも言える。

そうした物語は本編同様に充実している。Joelと並んでシリーズの顔的存在のEllieを深く掘り下げる物語は、ファン必見だろう。

ゲーム面は本編がベース

背後からナイフキルするエリー。『ラスト・オブ・アス』より。

画像は『The Last of Us』より。

ゲームプレイ面は本編と変わらない。なので新たに何かを覚える必要はなく、本編での経験をそのまま活かすことが出来る。

一方で、Ellie、人間、感染者が入り乱れる三つ巴の戦闘シーンが追加されている。こうした場面では、感染者を敵(人間)の方へ誘導してどっちかの頭数を減らすことができ、少しだけ攻略の幅が広がっている。

物語を掘り下げるDLC。総評

メリーゴーランド。『ラスト・オブ・アス』より。

ゲームプレイの拡張というよりも、物語をさらに深掘りする内容になっている。それゆえに本編ファン以外の層への訴求力は低い一方で、本編ファンであれば間違いなく楽しめる内容に仕上がっている。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする