Take-Two CEOが「バトル・ロワイアル」等の昨今のトレンドに言及。

Take-TwoのStrauss Zelnick CEOは、昨今のバトル・ロワイアル人気を「とても興味深い」と表現し、ゲーマーから要望があれば『Red Dead Redemption 2』のいちモードとして採用する可能性に言及している。

まず、Zelnick氏はTake-Two Interactiveは革新的な作品作りを目指していると説明。

“I would just observe that someone else’s success is really interesting and we are obviously informed by what our competitors do. But our goal is to be as innovative as possible,”

他社の成功はとても興味深いものとして注視しており、競合他社のしていることから我々は情報を得ている。しかし、我々のゴールは可能な限り革新的になることです。

GameSpot

続けて、「西部劇は上手く行かない」という通説を覆した『Red Dead Redemption』の存在を上げ、「Rockstarはクリエイティブ面で大きなリスクを取り、並外れた結果を導いた」と指摘し、安易にトレンドや競合他社の真似事しないことで大成功を納めた過去を紹介。

また、Zelnick氏はTake-Two傘下の2K GamesRockstar Gamesが「派生物」を作ることを望んでいないと予想しているが、ゲーマーからの要望には柔軟に答える姿勢を見せており、PUBGライクなモードを求める声があれば、それに対応する可能性を示唆している。

“Of course we play in the world and we’re informed by what’s going on. It is our job to bring consumers what they want,”

もちろん。我々はこの世界で勝負しており、そこでの出来事を知らされている。消費者が求めるものを提供するのが我々の仕事だ。

GameSpot

『Red Dead Redemption 2』は18年10月26日に発売予定。

今作に関するこれまでの情報は下記ページにまとめているので、是非一読して欲しい。

『Red Dead Redemption 2』の情報・噂まとめ。