ホーム タグ Tomb Raider

タグ: Tomb Raider

Tom Raiderシリーズの最新作の存在が確認される。

Tom Raiderシリーズの最新作の存在が確認される。

正に続編 – Rise of the Tomb Raider (1)

プレイ感覚は前作と全く変わらない。操作方法や主人公の動作は前作を踏襲しており、前作経験者であれば、新たに覚える操作は無いと言っても良い。 ゲームのルール自体も大きく変化していない。中規模サイズのエリアが数個存在し、それらが繋がって一つのマップになっているのは前作と同じだし、その中に膨大なチャレンジやトゥーム(墓の探索)が用意されているのも同じだ。 ただし、全体のボリュームは底上げされている。単純に数が増えたというのもあるが、新たに「サイドミッション」が追加されていたり、トゥームも更に凝った内容になっており、一つ一つの寄り道に費やす時間は前作よりも増している。   戦闘は前作よりもステルスプレイに力が入っている。さすがに、ガチのステルスゲームと比べると緩いのだが、前作よりもステルスプレイを推しているので、様々な戦法で戦える場面が増えており、前作と上手く差別化が図られている印象。 具体的には、物陰に隠れたり、音で誘導したり、敵の頭上をロープを伝って進んだり出来る場面が増えている。その中には、敵をスルーして先に進める場面もあるなど、ゲームプレイの自由度が前作と比べると高くなっている。 ただし、今作も銃撃戦の比率が高い印象。こちらもプレイ感覚は前作と同じで、フリーエイム中心のカバーシューターになっており、初っ端からLaraのワンマンアーミー振りを楽しめる。 個人的には、もう少しステルスプレイで攻略できるエリアがあれば良かったと思うが、今作も銃撃戦やステルスプレイは手堅い作りで面白い。   言語スキルは地味に良い。このスキルは収集物を集める過程で上昇していき、最終的には"モノリスを解読して隠しアイテムの場所が分かる"というものなのだが、収集物とスキルをリンクさせることで、面倒な収集物に意味を持たせる発想が良いし面白い。 さて、序盤を終えた限りでは、今作は前作で完成したゲームシステムを拡張した続編という印象。目新しさには欠けるが、どの要素も高い完成度を保ったままマシマシされており、これぞ正に「続編」と呼ぶに相応しい内容になっている。   次 - 広く浅く (2)

Tomb Raider – 100%クリア (4)

Tomb Raider プレイ日記一覧 二周目 ヌルい 100%目指して 100%クリア 関連記事 ゲームリスト Tomb Raider【感想 評価 批評 レビュー】 『Tomb Raider』のキャンペーンを完全クリアした。二周目でようやくクリア率100%を達成し、これで終わり。ちなみに先日の記事で一周目は99%止まりになるバグに遭遇したと書いたけれど、多分あれは"非常に発見が難しい収集物"を見逃した事が原因かも知れないと二周目の時に気付いた。なので「99%バグに遭遇した」は訂正する。 さて、二周目のプレイ時間は収集物を全て回収して15時間だった。収集物を回収しながら遊んでいても「少し短いかな」と感じたので、キャンペーンだけ追う遊び方ならばかなり早く終わりそうな気がする。だが、キャンペーンの中身が濃く、ジェットコースターの様な迫力ある演出が盛りだくさんなので、クリア後の満足度は高い。 ララの成長を題材にした物語も面白く、ララの心境の変化とゲームプレイも見事に合致していて、本作を開発した『Crystal Dynamics』は質の高い脚本も書ける事も証明している。 『Tomb Raider』は完成度の高いアクションゲームに仕上がっている。

Tomb Raider – 100%目指して (3)

Tomb Raider プレイ日記一覧 二周目 ヌルい 100%目指して 100%クリア 関連記事 ゲームリスト Tomb Raider【感想 評価 批評 レビュー】 100%クリアを目指して収集物を集める日々。メインミッションが一段落付くとファストトラベルを使ってエリア間を移動しながら収集物を集めているのだけれど、これが意外と面白く作業感も然程感じない。 このゲームは比較的大きなエリアがブロック毎に存在し、一部を除いてそれぞれのエリアは立体的な構造になっており、ララの身体能力を遺憾なく発揮できる遊び場になっている。そうした遊び場には野生動物が生息(配置に近い)しており、その中に紛れて収集物が置かれているわけだが、「あの場所までどうやって行くのか」と考えながら、立体的なエリアを飛び回るのは楽しい。メインミッションではやや印象が薄い「登る」や「飛ぶ」と言ったアクションをサブ要素で上手く補っていると言える。 それに加えて、周囲の収集物等を強調して表示してくれる能力が用意されていたり、収集物の近くを通るとララがその方向を向いてくれる等と言った配慮がなされているので、収集物を集めるのが比較的楽に終わる。それが作業感を覚えず夢中になれる要因であり、更に物を集める時の効果音やアニメーションが何度見ても心地良いのも大きい。これを考えたデザイナーは有能。 プレイ画面上にヘルスやミニマップを一切表示しない"HUDレス"は嫌いではないが、本作の様に情報量の多いゲームだと話が変わる。目的地を表示するマーカーを確認する為に、毎回特殊能力を発動させるのは面倒だし、今選択している武器も表示しておいて欲しい。上の話に繋がるが、収集物を集めている時は頻繁にマーカーを確認したいので、その時は特にそう感じる。

Tomb Raider – ヌルい (2)

Tomb Raider プレイ日記一覧 二周目 ヌルい 100%目指して 関連記事 ゲームリスト Tomb Raider【感想 評価 批評 レビュー】 前回の記事で「難易度ハードだと苦戦する」と書いたけれど、あれは撤回。すごくヌルい。確かに初期武器を使っていた頃は一人を倒すのに、それなりに撃ち込まないといけないので「簡単」とは言えなかったけど、銃の威力を強化していくうちに段々とヌルくなり、まだ序盤なのに楽々と先に進めるようになってしまった。序盤で感じた手強さが最後まで続くものだと思っていたので、少しガッカリした。 このゲームはフリーエイムとカバーシステムを採用したTPSなのだが、カバーに密着して敵の頭を狙い撃つだけの退屈な撃ち合いになっていない。カバーに入っていると敵は火炎瓶等を投げてくるので、一つの場所に留まって戦うことは出来ず、また刃物による近接攻撃を得意とする敵も出て来るので、モタモタしていられない。常にララを動かしながらの銃撃戦になる上に、フリーエイムのみなので正確なエイミングと、回避や近接攻撃を的確に使い分けられる腕も求められるので、それなりに遊びごたえがある撃ち合いが楽しめる。少なくとも、カバーに入り地道に敵の頭を狙い撃つだけのTPSよりは断然面白い。 銃撃戦をサポートする形で存在するステルス要素も悪くない。基本的にはTPSなので、完全ステルスプレイや不殺クリアは不可能だが、戦闘前に敵を静かに始末することで、敵の頭数を減らした状態から奇襲を掛けることができ、結果的にスマートに戦闘を切り抜けられたりする。このステルスプレイは完全にオプションだが、攻略の幅が生まれる良い要素と言える。 アクションゲームとしては、かなり面白いよ。