ホーム タグ Remember Me

タグ: Remember Me

Rember Me – Gaming Diary【プレイ日記】

『Remember Me』のプレイ日記まとめ。

Remember Me【感想 評価 批評 レビュー】

『Remember Me』の批評。

Remember Me – どれも一歩及ばず (4)

Remember Me プレイ日記一覧 近未来のパリで記憶を操作 戦闘は面白い、ただ爽快感はない なぜ、こうなる どれも一歩及ばず 関連記事 ゲームリスト Remember Me【感想 評価 批評 レビュー】 クリアまで10時間弱と言ったところか。オマケ感丸出しの収集物は無視して、メインストーリーのみを追ってこのプレイ時間なので、実績コンプを目指すなら+3時間ほど掛かると思う。しかし、それでもやや短いプレイ時間でクリアできてしまうので、物足りなさを感じてしまう人がいるかも知れない。 個人的には、このゲームは終始似たようなことを繰り返して進む内容なので、下手に水増しせずにやや短くも綺麗にまとめてくれているのは有難いと思った。オープンワールドゲームでさえ終盤はダレるのに、完全な一本道ゲーのこのゲームがクリアまで20時間も掛かると言われたら困ってしまう。 ちなみに、このゲームは完全な一本道ゲーではあるが『Assassin's Creed』のように、建物をよじ登ったり飛び越えたりしながら先へ進んでいくため、進行ルートは一本道だが然程"単調"とは思わなかった。 "Memory Remix"は面白い。ただし最初だけ。主人公Nilinは凄腕のメモリーハンターで、人々の記憶を自分に都合が良いように編集することができ、ゲームでは実際にプレイヤーが主要人物の記憶を操作する場面が出てくる。確かに、このアイデアは物語的には面白い仕掛けだと思うが、残念ながらゲームとしては非常に退屈なものになっている。 その"Memory Remix"の内容はある人物の記憶を映像として再生して、その中にある編集点を一つ一つ選択しながらゲーム側から指示された映像を作り出すというもので、最初だけは面白い。しかし、やっていることはただボタンを押すだけの作業で、そこから物語が枝分かれしていくこともないので、二回目以降は退屈なミニゲームに成り下がる。 もし、このMemory Remixの結果を受けて後の展開が少しでも変化するのなら意味のあるミニゲームだと思うが、実際はそうならないので主人公の超人的な能力を"再確認"するだけのミニゲームになっている。試み自体は面白いが、中身が薄い。 魅力的な世界、耳に残る音楽などゲームプレイ以外の部分では"かなり"頑張っている。これらに関しては『Mirror's Edge』同様に他の作品には真似できないレベルに達していると思うが、肝心のゲームプレイ部分が他の作品の受け売りで、残念な事に"劣化版"である。唯一独自色が出ているMemory Remixでさえ褒められた出来ではない。 決して駄作ではなく、正に可もなく不可もなくという実に平凡なアクションゲームだが、不思議な事にクリアした後も世界観と音楽が強く印象に残っているゲームで、そうした面においては"ある意味唯一無二の名作"なのかも知れない。 『Remember Me』は充実した物語や目を見張る世界観でプレイヤーを惹きつけるが、肝心のゲームプレイ面が「一歩及ばず」という出来で非常に惜しいアクションゲームになっている。

Remember Me – なぜ、こうなる (3)

Remember Me プレイ日記一覧 近未来のパリで記憶を操作 戦闘は面白い、ただ爽快感はない なぜ、こうなる どれも一歩及ばず 関連記事 ゲームリスト Remember Me【感想 評価 批評 レビュー】 ボス戦の際のQTEはゴミ。このゲームではボス戦の最後の仕上げをQTEで決めるのだが、もしボタン入力に失敗すると一発アウトで、再度ボスにダメージを与えてQTEに持ち込まないといけない。この時間は無駄過ぎる。酷いことにPC版の場合、箱コンで操作していてもマウス操作用の表示が出ることが多々あって、失敗しやすい。最初のボス戦ではこれに気づくまで何度もQTEに失敗して頭が禿げかけた。 ちなみにボス戦の出来は悪くない。それぞれのボス戦には特色があって、同じことをしている感じがしないので割りと好みではある。まあ、作業感は強いが。   戦闘中に遠方から何かを撃ってくる敵が最高にウザイ。目の前の敵を相手しているだけでも忙しいのに、頻繁に遠方からピコピコ撃ってくる敵がいて、コンボが途切れてしまう。流石に5人の敵を同時に相手にしながら、ピコピコにも対処するのは難しくて、回避出来ずにダメージを受けてしまう。その点、Batman Arkhamシリーズや『Sleeping Dogs』は目の前の敵に集中していれば良かったので、遊びやすくてコンボが簡単に決まったなと思う。 このゲームを遊んで思ったが格闘戦が主体のゲームに銃はいらない。一応、Batmanにも銃を撃つ敵は居たけどあれは格闘戦にメリハリを付けるためで、バカスカ撃って来る者は居なかったし、『Sleeping Dogs』にも格闘戦の最中に銃を撃って来るバカは居なかった。 このピコピコは本当に邪魔。 あと、光が当たらないと姿が見えない敵も不要だ。この敵は一帯が明るくなった時しか攻撃できないので、一帯が暗い時は実質待ち時間状態で退屈な上に、その間は一方的に攻撃されるので無駄に体力が削られる。コンボを決めて体力を回復しようと思っても一帯が暗い時だと何も出来ない。これは...。 このゲームは変な事をしない普通の敵と戦っている時は楽しいのに、変な事をする変な敵が出てきた瞬間にガチッと手足を縛られるような感じになる。もっと自由に気持よく遊ばせてくれたら楽しいのに。

Remember Me – 戦闘は面白い、ただ爽快感はない (2)

Remember Me プレイ日記一覧 近未来のパリで記憶を操作 戦闘は面白い、ただ爽快感はない なぜ、こうなる 関連記事 ゲームリスト Remember Me【感想 評価 批評 レビュー】 このゲームのウリの一つはプレイヤー自らがコンボを作成できるところだ。そのコンボに組み込める能力は、攻撃力を上げる"Damage"、体力を回復する"Regeneration"、特殊能力を発揮する為に必要な"S-Pressen"の3つがあり、これを組み合わせてオリジナルコンボを作成する 例えば、コンボにDamageを多く組み込めば攻撃型コンボが出来上がり、また、DamageとRegenerationの二つを組み込めば攻撃力を上げて体力も回復するコンボが出来上がる。このように組み合わせ次第で様々な効果を発揮するコンボを作ることが出来るのだ。 さて、戦闘では自作コンボを状況に合わせて使い分けて戦うのだが、コンボを意識しながらの戦闘はただの殴り合いよりも面白い。体力に余裕があるのなら攻撃型コンボで敵を蹴散らして、劣勢になればそのコンボにRegenerationを組み込んで体力を回復させながら戦わなくてはならず、意外と戦術的で大味な殴り合いになっていない。 確かにBatman Arkhamシリーズの影響は受けているだろうけど、パクリではなく影響を受けながらも独自のモノに仕上がっている。 戦闘の核となる部分はよく出来ているが、残念ながらテンポが悪い。 一応、Batman Arkhamシリーズのように敵の攻撃に合わせてマークが表示されるが、それは「回避しろ」という合図。Batmanのようにそこからコンボに繋げることはできないので、仮に攻撃が繋がっていても、敵からの攻撃を示すその表示が出ると一旦攻撃を止めて回避しないといけなくて、そこで一旦攻撃の流れが止まってしまう。 その他にも、壁にへばり付いて飛び掛かって来る敵やライトを当てないと姿が見えない敵など、各所で戦闘の流れを止める敵が登場して、とてもテンポが良いとは言えない。ちなみに、回避してもコンボは続いているのでゲーム的には問題ないが、流れるような攻撃が頻繁に途切れてしまうのは、非常に気になる。 戦闘自体は面白いのに、中途半端に独自性を出したせいで面白さが薄れてしまっている。