ホーム タグ Remedy Entertainment

タグ: Remedy Entertainment

Max Payne – Gaming Diary

『マックスペイン』のプレイ日記まとめ。

ALAN WAKE’s American Nightmare – Gaming Diary

『ALAN WAKE's American Nightmare』のプレイ日記まとめ。

Alan Wake – Gaming Diary

『Alan Wake』のプレイ日記まとめ。

一周目を完走 – Quantum Break (5)

個人的に大注目していたTPS面は堅実な作りだった。主人公の多彩な能力を、まるでお好み焼きのようにごちゃ混ぜにして戦う撃ち合いは特に面白く、敵を圧倒的な力の差で翻弄していく感覚は病み付きになる。また、Max PayneシリーズのDNAを引き継いだハイスピードな撃ち合いも面白く、他のTPSには無いモノがしっかりと感じられ、やはりTPSとしての完成度は高かった。 プレイヤーのゲーム内での選択を受けて、次に流れる実写ドラマの内容が変化するというのは面白い試み。これは、視聴者は単に観ることしか出来ない一方通行のテレビドラマでは不可能なことであり、自分が実写ドラマの内容に影響を与える感覚は斬新だった。一方で実写ドラマの視聴方法がPC版の場合はPCのみというのは負担。netflixやhuluの登場で、テレビドラマや映画は好きな端末で視聴するのが当たり前の時代なので、観る側が相手に合わせるこの仕様は、今の時代には合わない。 こうして記事にするのが遅れただけで、実は数日前に完走済み。今は二周目の中盤辺りまで推めており、一周目と異なる選択をすることで「物語はどの程度変化するのか」を見ながら遊んでいる。一周目を終えた時点での感想は「期待以上」。Remedyの作品らしい堅実で硬派な撃ち合い、我道を行くユニークな演出方法は健在で、どれも期待以上に楽しめた。確かに欠点はあるのだが、全体的に見れば良作に入るほどの内容に仕上がっていた。 次 - 前 - 超人的な能力を駆使して (4)

超人的な能力を駆使して – Quantum Break (4)

実写ドラマはスマホやタブレットでも視聴できるようにすべきだったのでは。今は好きな端末を使い、好きな時間帯に映画やドラマを観るのが当たり前の時代なので、『Quantum Break』のように観る側が相手に合わせないといけないというのは負担に感じる。 「ゲームパートは終わり、ドラマパートは湯船に浸かりながら観るか」くらい軽い感覚で、ドラマパートは済ませたい。続編では専用アプリとの連動で何とかなりませんかね、Microsoftさん。   『Quantum Break』のTPSは『Max Payne 2』に近い。主人公の超人的な能力を駆使して敵を圧倒することに重きが置かれているように感じられ、敵の頭を点と点で繋ぐように撃ち抜いていく感覚は薄く、その超人的な能力を堪能するTPSという印象。 Maxが「バレットタイム」と「シュート・ドッジ」の二つしか使えなかったことを考えると、本作の主人公は様々な特殊能力を持っており、基本的なものは次の通り。 Time Vision - Assassin's Creedシリーズで言うところの「鷹の目」。 Time Stop - 敵の周囲の時間を停止させる。 Time Dodge - 短距離を高速で移動する。 Time Shield - 主人公の周囲にバリアを張る。 Time Rush - 中距離を高速で移動する。敵を撹乱し、接近戦で倒せる。 「Time Vision」で索敵し、「Time Rush」で敵の側面まで感知されずに移動。「Time Stop」で敵の動きを封じ込めて銃弾を撃ち込み倒していく。もし、四方八方から攻撃される状況に陥れば「Time...