ホーム タグ Konami Digital Entertainment

タグ: Konami Digital Entertainment

METAL GEAR SOLID V: TPP – クリア (7)

MGSV TPP プレイ日記一覧 圧倒的に好評 圧倒的ボリューム クワイエット ダイヤモンド・ドッグ SIDE OPSが終わらない クワイエットと一緒なら クリア 関連記事 ゲームリスト METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN【感想 評価 批評 レビュー】 小島プロダクション開発『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』をクリアしたので簡単な感想を書いておく。なお、もう少し詳しい感想は批評記事の方で書いている。   今作は第1章と第2章の二部構成になっている。個人的には伏線が散りばめられたプロローグが無ければ第1章で"完"となっていても文句がないほど、第1章は中身が濃くそして大作ゲームとしての風格を感じさせる程の内容に仕上がっているのだが、第2章は明らかに劣る。というのも大半のメインミッションが第一章の高難易度版で、ミッションの内容からデブリーフィングに至るまで全て使い回しだからだ。異なる点と言えば"完全ステルスプレイ"というクリア条件が付いた程度で、これに関しては自由度がウリにも関わらず、なぜプレイを縛るのか理解に苦しむ。別の記事で指摘したチェックポイントの間隔が長いという欠点も相まって、このクリア条件はかなり面倒な存在になっている。 このゲームは一度クリアしたメインミッションも再度挑戦することが出来るので、第2章で敢えてもう一度遊ばせる理由が分からないし、加えて物語に一切関係が無いので「SIDE OPSでやってくれ」という気持ちになる。素晴らしい内容の第一章の次に、明らかな水増し行為が行われており、そこで評価を一つ落とした感は否めない。 プレイヤーが「自分で見て考えて実行に移す」という事を全面に押し出したゲームプレイ"自由潜入"が見事に働いていて、例え同じミッションでも潜入する時間帯や遊び方次第で全く異なるゲームプレイになる。一度潜入した拠点に再潜入するという事が多々ある今作において、自由潜入は毎回新鮮な気持ちで遊ばせてくれる重要な要素になっている。また、今作はゲームプレイには創意工夫の余地があり、プレイヤーの考えを最大限ゲームに反映してくれる。自由潜入、バディと言った道具を手にしたプレイヤーが自分の好きなように好きなだけ遊べるのが今作である。 物語こそはMGS4に劣るが、今作はゲームとしてはシリーズ屈指の面白さで同ジャンルの中でも際立って完成度の高い作品に仕上がっている。様々なプレイスタイルを受け入れる自由潜入によって実現した奥深いゲームプレイ、ネタとシリアスが絶妙に融合した独特の世界観も相まって、今作は唯一無二のステルスゲームであり、最も面白いMGSに仕上がっている。 ...

METAL GEAR SOLID V: TPP – クワイエットと一緒なら (6)

クワイエットの離脱を阻止(回避)する方法。後は簡単なMGSV(MGS5)のプレイ日記。

METAL GEAR SOLID V: TPP – SIDE OPSが終わらない (5)

MGSV TPP プレイ日記一覧 圧倒的に好評 圧倒的ボリューム クワイエット ダイヤモンド・ドッグ SIDE OPSが終わらない クワイエットと一緒なら 関連記事 ゲームリスト METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN【感想 評価 批評 レビュー】 最近はSIDE OPSばかり遊んでいる。SIDE OPSはMAIN OPSとは異なりクリア後にリザルド画面が無いので好き勝手に遊べるのと、比較的難易度も低いので気軽に遊べるということで、SIDE OPSばかり遊んでいる。 確かにSIDE OPSは同じ事の繰り返しなのだが、今作は『Crysis』や『Far Cry 3』のようなサンドボックス型のゲームなので似たようなミッションでも遊ぶ度にそれなりに目新しいゲームプレイが楽しめるのは大きい。それでも、SIDE OPSは全部で150個以上もあるのだが物語性が皆無なので50個辺りで息切れしそうな気がする。『The Witcher 3』や『Deus...

METAL GEAR SOLID V: TPP – ダイヤモンド・ドッグ (4)

MGSV TPP プレイ日記一覧 圧倒的に好評 圧倒的ボリューム クワイエット ダイヤモンド・ドッグ SIDE OPSが終わらない 関連記事 ゲームリスト METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN【感想 評価 批評 レビュー】 子犬が成長してミッションに連れていけるまでになった。確か子犬は序盤のSIDE OPSを遊んだ時にヘリ降下した所に居たはず。子犬の出現に条件はなくランダムなのでメインミッションで出会うこともあるようなので、まだ出会っていない人は適当にミッションを受注して、ヘリ降下した時に辺りを見回すと近くにいるかも知れない。 当然、子犬の頃はミッションに同行させることは出来ない。恐らく"成長"もランダムで、大体メインミッションを10個程度済ませると成犬になる模様。私は約15時間遊んだ頃に成犬になった。その流れだが一旦、マザーベースに帰還して再びヘリに戻る時にオセロットが成犬になったダイヤモンド・ドッグ(DD)を連れてきた。 さて、肝心のDDだが有能である。 DDはプレイヤーが命令せずとも周囲を索敵して敵兵をマーキングしてくれるので、ステルスプレイをする上で大きな助けになるし、DDに命令して敵兵を襲わせることで動きを一時的に止めて、その隙にCQCで気絶させるという連携プレイも可能だ。一人で敵兵の背後に回ってホールドアップさせてから羽交い締めにするより確実に出来るので、「ステルスプレイをしたいけど失敗する」という人はDDをミッションに同行させると良い。 ちなみに馬(Dホース)とは違って、背中に跨って移動することは出来ないので長距離を移動するミッションでは使えないが、幸いミッション中は自由にバディを交換できるので移動する時はDホース、潜入する時はDドッグという具合に使い分けたい。ちなみにバディの交換は3500ポイントも消費するので"ご利用は計画的に"。 小島監督が「ゲームデザイナーやゲーマーの夢」と語っていたバディがプレイヤーの邪魔をしない程度に使えるのは嬉しい。 ...

METAL GEAR SOLID V: TPP – クワイエット (3)

MGSV TPP プレイ日記一覧 圧倒的に好評 圧倒的ボリューム クワイエット ダイヤモンド・ドッグ 関連記事 ゲームリスト METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN【感想 評価 批評 レビュー】 オープンワールドを採用した今作で、従来のMGSのボス戦をどのようにしてねじ込んで来るのか気になっていたけども、こういうボス戦もあるのかと感心した。プロローグの燃える男との一戦は従来の一本道の先にあるボス戦という事で全く新鮮味が無かったが、このクワイエット戦は自然な形でオープンワールドから従来のMGSのボス戦に移行する作りになっている。 その一連の流れだが、私は受注したSIDE OPSをクリアするために目的地に向かっていた。すると突然狙撃手に狙撃されてクワイエットとの一騎打ちが始まったのだ。たった今まで自由を謳歌していたのに、次の瞬間には長いカットシーンこそ無いが、いつものMGSのボス戦の中にいる。このようなゲームの流れを切らずに、違和感なくボス戦に移る演出は上手い。 クワイエットだが、私は暗視ゴーグルを装着して上で麻酔銃を撃ちまくって倒した。どうやらクワイエットは"殺す"ことも出来るようで、私は未確認だが爆撃すれば確実にクリアできるはずだ。また、これも未確認だがクワイエットの頭上に支援補給のダンボールを投下させるという"卑怯な手"も使えるようだ。 クワイエット戦は比較的難易度が高いためなのか、簡単な方法からそうでない方法まで様々な攻略法が用意されているので、自分にあった攻略法で倒したい。私は大のボス戦嫌いだが、広い空間でそれなりに自由に動き回りながら戦えるクワイエット戦は嫌いではない。他のボス戦もそうであれば良いのだが。 さて、後でブタ箱に入れられているクワイエットの様子を見に行こう。 次 - ダイヤモンド・ドッグ (4) ...