ホーム タグ Bethesda Softworks

タグ: Bethesda Softworks

大型Mod『Fallout 4: New Vegas』が開発中。

大型Mod『Fallout 4: New Vegas』が開発中。

(1) 大学遠し – The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition

オリジナル版を未完走ながらも125時間近く遊んだはずなのだが、そのリマスター版である『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』を、自分でも驚くほどの"初見気分"で遊べている。これまでとは真逆のプレイスタイルで遊び、リフテンではなくウィンターホールドを目指して冒険することで、これまでとは違った景色や光景を目にすることが増え、125時間近く遊んでもなお、新鮮に感じる瞬間は多い。 ノルド系魔術師 オリジナル版も含めると最初から遊び直すのは、これで5回目くらいになる。これまでは全て「脳筋ノルド+剣士」で遊んでいたのだが、さすがに飽きたので今回は「脳筋ノルド+魔法」で進めている。 この変更は、単にこれまでのプレイスタイルに飽きていたというのもあるが、『The Witcher 3: Wild Hunt』のおかげで、「魔法」に対する苦手意識を克服できたというのもある。以前は邪道だと思っていたが、知的魔法使いを演じて敵を翻弄していくのも面白いと感じるようになった。 関連記事 The Witcher 3: Wild Hunt 批評 The Witcher 3: Wild Hunt – DLC 批評 大学を目指す 自由行動が出来るようになると同時に、私は「ウィンターホールド大学」を目指した。オリジナル版を遊んだときに、宿屋の店主から「そこでは魔法を教えている」という情報を入手したことを思い出し、その記憶を頼りに大学を目指すことにしたのだ。そこで魔術師として生きる上での基礎を築こうと思った。 だが、そこはSkyrim。すんなりと大学には行けず、道中で様々な出来事に遭遇した。マンモスに追われたり、衛兵(膝を射抜かれた)にちょっかいを出し、それのせいで投獄されたりと散々な目にあった。おまけに野生動物に病気まで貰ってしまった。さらに、ふらっと立ち寄った村で権力者と村人との対立に巻き込まれるなど、地図で見るよりも大学は遠かった。 そして入学 ようやく大学に辿り着いた。既にきな臭いのだが、果たして私は無事に大学を卒業することが出来るのだろうか。揉め事に巻き込まれなければ良いのだが、巻き込まれるのだろう...。

Xbox Oneで再訪 – Fallout 3 (9)

Xbox Oneの「下位互換機能」をテストする為に始めたのだが、気が付けば5時間(連続ではない)ほど遊んでいた。去年初めてメインクエストを完走し、それ以前にも何度か遊んでいるはずなのに余裕で遊べてしまう。 スピーチスキルによって変化する会話、核爆弾の処理と言ったユニークな体験や程よく狂った魅力的な登場人物など、続編である『Fallout 4(以下Fo4)』よりも優れているところは多いと感じる。 特にスピーチスキルに関連する会話はFo4よりも面白い。というのも今作の方がよりプレイヤーの意思を物語に反映してくれるので、自分自身が決断して物語を進めている感覚が強く、そのため「主人公は19歳」という枠の中であっても、自分流のキャラクターを作り上げることが出来るので、Fo4よりも面白いと感じる。   Vaultを出たら、シルバーさん家に言って小銭を稼ぎ、メガトンの核爆弾を処理して自宅をゲットするまでがお約束。 今はメインクエストの父親探しを放置して放浪に明け暮れている。去年はメインクエストだけを追うという中途半端な遊び方をしてしまったので、今回は骨の髄までしゃぶり尽くすつもりで遊んでいる。   次 -  前 - Point Lookout / Mothership Zeta (8)

Fallout 4 – 完走、人は過ちを繰り返す (16)

Fallout 4 プレイ日記一覧 旅の始まり ゴミ集め 京子にロックされている。 ベヒモス対マイアラーククイーン 80時間 逆に笑える 水源作り それでも入植者を守る エリア探索を終える 結局「輝きの海」へ イエスマン ワークショップ系DLCを購入 建築 ようやく終盤か 分岐点が分かりにくい 完走、人は過ちを繰り返す 関連記事 ゲームリスト Fallout 4【感想 評価 批評 レビュー】 約110時間で一周目を完走。ちなみにプレイ時間の大半はエリア探索が占め、メインクエストのみだと20時間弱ほど。 昨日のプレイ日記にも書いたように分岐点が曖昧なので、最後まで「ちゃんとミニッツメンルートを進めているか」ということが不安だったが、何とかミニッツメンルートで終えることができたので、それは良かった。結局、攻略サイトを見るはめになったので、次回作以降はこの点をもう少し明確にして欲しい。 最終的には100時間以上も遊べたので満足度は高い。確かに、一連のプレイ日記の中でも書いたような不満点はあるのだが、それ以上に熱中できる要素が多くて、100時間も費やした価値は十分にあったと思っている。 人は過ちを繰り返す。 次 -  前 - 分岐点が分かりにくい (15)