スポンサーリンク

Steam コントローラの感想

商品レビュー
今回は米Amazon経由で個人輸入。
注文から1週間後に到着し、料金は本体価格込みで6,937円。

この記事では、Steam謹製コントローラ「Steam コントローラ」の感想を紹介。
なお、現在はAmazon(日本)でも販売されている。

『Controller Companion』の使い方を紹介
※ゲームパッドをカスタマイズするソフトウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

“スチコン”の特徴

steamcontroller-16052102

現在までに10時間ほど触っており、ようやく慣れてきた。

今ではマウスに”近い”精度で操作できるようになったが、当初はマウスポインタを制御することさえ難しく、試しに某スポーツ系FPSをプレイしてみたが、見事にAIにリンチされてしまった。

XboxコントローラやDUALSHOCK 4とは違い、Steamコントローラの場合は1,2時間ほど”手に慣れさせる”時間が必要なのだ。

ポイントは設定を煮詰めること

Steamコントローラは自分で設定してこそ活きる。
他のコントローラのように単に刺して操作するだけでは不便なコントローラだが、自分流に設定を煮詰めれば見違えるほど使い勝手が良くなる。

というのも、Steamコントローラは、”これ一つで全てのSteamゲームが遊べる”がコンセプトであり、ゆえにカスタマイズ性が非常に高い。キーの割り当てはもちろん、タッチパネルの感度や入力角度と言った設定から、任意のボタンを押すと別のキー設定に切り替わると言った細かな設定まで完備されている。

言わばカスタマイズが前提のコントローラになっている。
自分に合った設定を見つけ、手懐けられれば非常に使い勝手の良いコントローラになる。特にほぼ全てのSteamゲームに対応するメリットは大きく、リビングでのPCゲームが捗る。

なお、カスタマイズは必ずしも自分でやる必要はない。
公式テンプレートやユーザー作成の設定を流用できるので、それを基に自分流のアレンジを加えることが出来る。

Steamコントローラの設定反映に関しては「コントローラ設定を反映させる方法」で書いている。

スポンサーリンク

欠点、XYABがやや遠い

steamcontroller-16052103

私の手は大きい方(長20cm幅10cm)だと思うが、それでもX/Y/A/Bボタンが遠く感じる。

スポンサーリンク

まとめ

  • ほぼ全てのSteamゲームに対応
  • ジャイロ対応なので高い精度で射撃可能
  • 自分の手に合った設定が可能

マニア向けのコントローラ。
“自分で設定することが前提”であり、さらに”慣れる時間が必要”なので万人受けする製品ではない。だが、これ一つでほぼ全てのSteamゲームをコントローラ操作できるので、「マウス操作はイヤだけど箱コン操作もイヤ」と思っている人にはドンピシャの製品であり、そういう人は買い。

個人的には買って良かった製品。

商品レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kakihey.com