【評価/感想】スプリンターセル コンビクション【批評/レビュー】

splintercellcv-16031801

開発元 Ubisoft
発売日 2010年4月13日

Splinter Cellシリーズをリセットした一作。

旧態依然とした過去作の流れから脱却し、シリーズのリセットを計った新生Splinter Cellの一作目になっており、”ステルスとアクションの融合”を合言葉にこれまでとは全く異なるSplinter Cell体験を生み出している。

▼Splinter Cell レビュー▼

入門編に最適、その一方で過去作ファンは切り捨て。

splintercellcv-16031802

ゲーム中「あんたらの知るSamは死んだ」という台詞がある。

その通り、私たちの知るSam、Splinter Cellは死んでしまった。これまでのSamは、あくまでも人間的なキャラクターとして描かれており、スパイ活動の腕は抜群だが、戦闘面は最弱の部類だった。

しかし、今作のSamは全てが主人公化している。全ての動作は素早く洗練されており、銃の腕も確かだ。もうそこにはこれまでのどこか粗く、人間らしくもあったSamの姿はなく、画面の中に居るのは彼の皮を被ったJack Bauerか、James Bondであり、圧倒的な戦闘能力と隠密能力を兼ね備えた超人そのものだ。

そして、それに伴いゲーム内容も変化している。過去作のレビューにおいて散々指摘した戦闘システムは、その根本から作り直されており、もはや隠れる必要がないほど、アクションゲーム寄りに刷新されているのだ。

また、肝心のステルスプレイも、これまでの“暗闇を突き進んでゴール目指す”作風から、”暗闇を利用して敵と戦う”作風へと変化し、敵を倒すことをサポートする特殊能力も新たに追加されている。

これら抜本的な改善よって、ゲーム自体はカジュアル寄りに。もし敵に発見されても、十分にその失敗が取り返せるゲームになったことで、プレイヤーにトライ&エラーを強いるゲームから脱却している。そのため、シリーズの入門編としては最適な作品と言える。

その一方で、シリーズファンとしては「果たしてこれはSplinter Cellなのか」という疑問も残る。今作では、”過去作の遊び方”の大半が切り捨てられているため、それらに思い入れがあるプレイヤーほど不満は大きいはずだ。

総評

splintercellcv-16031803

やり方はともかく、Splinter Cellを”現代化”した点は評価できる。

続編『Splinter Cell Blacklist』のベースになった作品ということで、今作の果たした役割は大きく、軌道修正された続編が存在する今から見れば、シリーズの異端児ではあるが決して悪い作品ではない。

次の記事>>>なぜ、『スプリンターセル コンビクション』は面白いのか

スポンサーリンク

シェアする