Quantic Dreamの不健全なスタジオ文化が明るみに。『Detroit: Become Human』等で有名なフランスの大手ゲーム会社。

スポンサーリンク

激戦が予想される2018年において、特に注目を集める『Detroit: Become Human』。

同作の開発はフランスの名門Quantic Dreamが進めているのだが、そんな彼らのスタジオ文化や、お馴染みDavid Cage氏の言動に関心が集まっている。

スポンサーリンク

Quantic Dreamの劣悪な職場環境が告発される

David Cage氏。GameDynamoより。

HEAVY RAIN』や『Beyond: Two Souls』等の映画的な作品で知られる、フランスのゲーム会社Quantic Dreamが、フランスの複数のメディアから同スタジオにおける”不健全”な職場環境を指摘されている。

Three separate French reports published this afternoon level serious allegations of unhealthy studio culture at Quantic Dream, developer of Heavy Rain, Beyond: Two Souls and the upcoming PlayStation 4 game Detroit: Become Human.

フランスのメディア3社から、Quantic Dream内の不健全なスタジオ文化に関する深刻な疑惑が報じられた。

同スタジオは『Heavy Rain』や『Beyond: Two Souls』、PS4向けに発売予定の『Detroit: Become Human』の開発会社だ。

Eurogamer

この件で批判されているのは、Quantic Dreamのトップで”スタジオの顔”とも言えるDavid Cage、Guillaume de Fondaumièreの両氏。

David Cage氏はQuantic Dreamの創設者であり、開発をリードする人物。Quantic Dreamの作品は=彼の作品と言っても過言ではないほどの影響力を持っている。

そんな彼らは自身のこれまでの言動が不適切だと指摘されている。

Quantic Dream leaders David Cage and Guillaume de Fondaumière are accused of inappropriate behaviour, overworking staff and colluding in – or at least turning a blind eye to – a schoolboy culture involving sexist and racist jokes.

スタジオのリーダーであるDavid CageとGuillaume de Fondaumièreは、スタッフの長時間労働、性的・差別的ジョークを口にしたこと、もしくは黙認したことを非難されている。

One particular area of contention is a cache of some 600 controversial photoshopped images dating back to 2013.

2013年まで遡るが、600枚の加工された画像のキャッシュは、議論の余地がある。

Eurogamer

600枚の画像とは、Photoshopで加工されたものになっており、ある人物の顔だけを切り取って別の人物の体に合成するアイコラ的なもの。実際にフランスメディアはその画像を掲載しており、CanardPCではその一部を見ることが出来る。

“The most shocking [images] present Quantic Dream’s collaborators in sexual positions, adorned with homophobic or sexist slurs, or even made up to look like Nazis,” said Le Monde’s report, translated by Eurogamer.

フランスメディアは、Quantic Dreamで働く同性愛者の人たちを、同性愛者嫌い、性差別主義者のように飾り、ナチのようにさえ見せている点は最もショッキングな画像だと伝えている。

Eurogamer

Eurogamer.netによれば、これらの画像は社内のメールを通して会社中に配信され、受信者にはCage氏とFondaumière氏も含まれていたというが、2017年にようやく話題に上がったという。

また、これ以外にもスタッフ180人の内83%が男性で、壁には男性器や玉などの絵が掛かっていたことを伝えている。

スポンサーリンク

Quantic Dream、Cage氏は完全否定

20時間ほど前に、Quantic Dreamは公式Twitterアカウントを通して声明を発表。

Quantic Dreamは「これらの疑惑を全面的に否定する」とし、「不適切な言動や慣習の居場所はない」としている。また、「ゲーム作りの情熱をシェアできる環境を維持することが何よりも重要である」とも書いている。

また、David Cage氏も独特な表現で反論している。

For his part, Cage said the claims are “ridiculous, absurd, and grotesque.” He added: “You want to talk about homophobia? I work with Ellen Page, who fights for LGBT rights. You want to talk about racism? I work with Jesse Williams, who fights for civil rights in the USA… Judge me by my work.”

Cage氏はこれらのクレームを「馬鹿げているし、不合理で、奇っ怪な話だ」とし、「私と同性愛者の権利について語りたい? 私はLGBTの権利の為に闘っているエレン・ペイジと働く。私と差別について語りたい? 私は米国で人権のために闘っているジェシー・ウィリアムズと働く。私の仕事で私個人を判断してくれ」と付け加えた。

Gamespot

シェアする

スポンサーリンク
関連記事