PUBGを60fpsでプレイするために必要なPCパーツは?

スポンサーリンク

連日、Steamで遊び倒されている『PlayerUnknown’s Battlegrounds』。

このビッグウェーブをきっかけに、PCでゲームを遊び始めた人も多いことだろう。そしてそうした人の中には「重い…」「カクカクする…」と言った現実にゲンナリしている人も居るかと思う。

この記事では、そうした人に向けて”あなたが次に購入すべきPCパーツ”を紹介していく。

スポンサーリンク

低スペックでも遊べる?

システム要件(最低)

OS Windows 7以降の64bit版
CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリー 6GB
GPU nVidia GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
ストレージ 30GB

最小要件は比較的低い方で、この性能なら6,7万円あれば組める。

このレベルでもグラフィック設定を下げれば1080pかつ30fpsでプレイ可能のようで、実際にこの動画では↑とほぼ変わらないスペックでプレイしている。

貧素なグラフィックに起因するデメリットを、自身の腕前でカバーできる人はこれでもアリ?

スポンサーリンク

おすすめのCPUは?

PUGBはシングルスレッドの性能が重要。

PUBGのゲームエンジンは8スレッドを利用することが出来るが、実際は4スレッドしか必要としない。HTTでもよく処理するが、物理4コアが理想的。

さて、CPUに求められる性能はゲームの状況によって変化する。高性能なCPUは戦闘が激化している場面でもスムーズに処理できるが、性能的に劣るCPUではフレームレートの低下を招くことになる。

そうした場面でも、Intel社のCore i5-8400や、AMD社のRyzen5 1600Xならば問題なく処理できる。そして、更なる安定性を求める場合はIntel社のi7-8700Kがベスト(1080p環境ではGPUにも依るが、90fps前後でプレイ可能)。

スポンサーリンク

ビデオカード(グラフィックボード)は?

Youtubeに検証動画がアップされているが、ハイエンド帯まではAMDとNVIDIAの性能差は僅差。一方でハイエンド帯ではGTX1080の方がfpsを稼ぎ出している。

なお、4kかつ60fps、そして最高設定で遊べるビデオカードは今のところない(参考)。ゲーム側の最適化を待つしかない。

  • 1080pかつ60fps、そして中設定でプレイしたい人はGTX 1060
  • 1080pかつ60fps、そして最高設定でプレイしたい人はGTX1070
  • 1440pかつ60fps、そして最高設定でプレイしたい人はGTX1080

(私見:ゲーム用途の場合、NVIDIAを選ぶ方が無難)

VRAM(ビデオカードのメモリー)は?

4Kでは最大5.5GBも使用するが、その一方で低解像度では4GB前後しか使用しない。

そのことから最低4GB、理想的なのは6GB~8GBということになる。

スポンサーリンク

メモリーは?

16GB推奨。ただ、今はメモリーの価格が高騰しており、16GBでも2万円弱も掛かってしまう。

もし、プレイ中はバックグラウンドで動作しているアプリを全て停止させるのなら、ゲーム自体は8GBで動作するので、8GB~10GBで妥協することも一つの手。

以上。


一部の情報元 – Logical Increments

関連記事


スポンサーリンク

シェアする