スポンサーリンク

【疑問】高校生が「プロゲーマー専門学校」に進学することの是非。

スポンサーリンク
雑記

知り合いの息子A君が、いわゆる「プロゲーマー専門学校」への進学を検討しており、このままではほぼ高い確率で進学することになる。

私自身は、こんな”ゲームブログを開設するほど”なので、プロゲーマーに対する理解は世間一般よりはあると自負しているが、そんな私でもその選択には素直に賛成できないでいる(結局は個人の選択なのだが)。

というのも、その高校生A君は専門学校から次のような説明を受けたというのだ。

  • スポンサーは簡単に付くので大金が稼げる。
  • 受験勉強はせずに、入学まではゲームだけして腕を磨くように。

(絶句)

学校側の説明は、ゲーム好きな子供にとって耳障りの良い言葉を並べ、受験勉強を止めさせて大学受験への道を断たせているように感じられる。要するに学校側として重視しているのは子供の将来や、ゲーム業界の発展ではなく、その子の親が出すお金(学費)だけに思えるのだ。

仮にプロ野球やプロサッカーの専門学校があるとして、そこの人間が「楽に稼げる」「野球 or サッカー以外はしなくて良い」と言っていたら、あなたは信用できるだろうか?

そして、そんな学校に貴重な3年間と300~400万円(奨学金)を投資する価値はあるのだろうか?

A君は昔から知っている子なので、お節介にも彼の進路を気に掛けてしまう。
ただ、あくまでも決めるのはA君で、お金を出すのもA君や彼の両親なので私が口を挟むべき案件でもない。

個人的には無難に大学生をしつつ、プロゲーマーへの道を模索して欲しいが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kakihey.com(カキコム)

コメント