これは「神ゲーか」「クソゲーか」。あなたが『Prey』を購入する前に知っておくべき4つのこと。

攻略記事
個人的には傑作である『Prey』は”好き嫌い”が分かれる作品

ある人は「神ゲー!」と言い、またある人は「クソゲー!」という言う。

そこで、この記事では”あなたが『Prey』を購入する前に知っておくべきこと”を紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注意すべき4点

全てがクラフトの材料になる。『Prey』より。

リスタート上等の反復ゲーム

常にアイテムは不足気味。
さらに試行錯誤を繰り返して攻略法を確立していく必要もあり、その過程で少なくない回数リスタートを経験するはずだ。これは序盤も同じなので第一印象は決して良くない。

ただ、幸いにも手動セーブが実装されており、それ自体も好きな時・場所で出来る仕様なので、何度もやり直して”最小失点”で突破することは難しくないが。

リソース管理が重要である

すでに述べた通り、常にアイテムは不足気味。
なので、アイテムを使用するタイミングを見極める計画性が何よりも重要だ。それに加えてエリア中をくまなく探索してアイテムを回収することも怠ってはいけない。

本作はマネージメントに重点が置かれている。
大勢の敵を銃で刈り上げていくのではなく、いかに効率よく攻略できるかを考えてプレイする必要がある。アップデートで追加された「サバイバルモード」をプレイする際は特に。

とにかく手間が掛かる

クラフト素材の回収も外せない要素だ。

見つけられるだけのアイテムを回収し、「リサイクラー」まで直行。
ゴミを素材に変更するのだ。

そして、その素材を「分子成形機(クラフトステーション)」へ投入してアイテムを作成する。

何かとひと手間を要する。
しかし、本作は”時間を掛けた分だけ有利になる”内容になっている。

要は面倒に感じる手間も楽しめないといけないのだ。

自発的に物語を読み解く必要がある

とにかく読み物が多い。
デスクに散乱する手紙、道端に落ちている音声メッセージやPC内のビデオ映像など、プレイヤーが自発的にエリアを探索し、その結果手に入る“読み物”が山ほど用意されている。

これら文章/音声コンテンツはバックストーリーを語ってくれる。
また、サイドミッション開始のフラグにもなっているので、無視して遊ぶのはオススメできない。

この点もやはり”自分のペースで探索することが好きな人”向けと言える。

スポンサーリンク

どんなプレイヤーなら楽しめる?

モーガン一族の野望とは?『Prey』より。

『Prey』は元を辿ればSystem Shock(以下SS)まで行き着く作品。
なので、同じくSSを祖先に持つ『バイオショック』や『デウスエクス(2012)』との親和性が高く、それらが好きなゲーマーは楽しめるはずだ。