スポンサーリンク

【インディーゲーム】おすすめのアドベンチャーゲームを全て紹介。

スポンサーリンク

オススメのインディー系アドベンチャーゲームを全て紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インディー系アドベンチャーゲーム

Beyond Eyes

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無日本語化Mod有(PC)
盲目の少女が親友のネコを探すために外の世界を冒険する。
真っ白なキャンパスに広がる水彩画のようなグラフィックが特徴であり、温かみのあるストーリーも魅力である。

重いハンデをテーマにしながらも、それを感じさせない内容に仕上げており、Raeが勇気を振り絞って親友のネコNaniを探すストーリーは最後まで温かく、水彩画のようなグラフィックや胸を打つ音楽も印象に残る一作である。

引用元 – Beyond Eyes レビュー

Event [0]

対応機種PC
日本語の有無
破棄された「宇宙ステーション」で起きた出来事を捜査する。
最大のウリは”文章を自動生成する”「KAIZEN」と呼ばれるAIとの対話であり、時におちょくり、おちょくられながら宇宙ステーションを探索するゲーム体験は唯一無二。

忘れがたいゲーム体験ができる一作。
AIと対話することが、しっかりとゲームプレイに落とし込まれており、それを軸に展開される物語も含めて完成度が高く、知的なパズルも良い隠し味になっている。

引用元 – Event [0] レビュー

Firewatch

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無日本語対応
とある夏の、とある自然保護区での出来事を描く作品。
人生のプレッシャーから逃れ、大自然の中で森林火災監視員の仕事に就いたヘンリーと、彼をサポートする女性の上司デリラとのひと夏の交流を描いたビターなストーリーがステキな一作である。

本作は大自然と社会を繋ぐ唯一のライフラインである「トランシーバー」を通して、HenryとDelilahがお互いの傷を癒やしていく過程を見守る、大人のアドベンチャーゲーム。

Henryと同じく、実生活に疲れを感じる現代人にこそオススメしたい一作である。

引用元 – Firewatch レビュー

Her Story

対応機種PC
日本語の有無日本語対応(PC)
とある行方不明事件を捜査するアドベンチャーゲーム。
最大の特徴は「実写テープ」を基に推理する点であり、200本以上のテープを整理して事件の真相を追求する異色のゲームプレイが展開される。

ユニークかつ良質な推理ゲームである。
実写のビデオクリップの山から事件を読み解くゲームプレイや、プレイヤーの見方によって姿を変えるストーリーは質が高く、一度プレイすると決して忘れられない一作である。

引用元 – Her Story レビュー

Observer

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無日本語対応(PC/PS4), Xbox版は不明
ディストピアな世界を舞台にしたアドベンチャーゲーム。
主人公ダニエル・ラザルスキは”対象の脳内に入り込み”事件を捜査する「オブザーバー」であり、地道な捜査とハイテクな捜査の両方を活用して事件の真相に迫っていく。

本作は『ブレードランナー』の世界にどっぷりと浸かり、サイバーパンク感溢れる世界を堪能できる秀作のアドベンチャーゲームである。

一部の猟奇的な演出は余分に感じられたが、近未来の負の側面を見事に捉えたゲーム世界は一見の価値ありだ。

引用元 – Observer レビュー

Replica

対応機種PC
日本語の有無日本語対応(PC)
SNSの恐怖を描く”インタラクティブ小説ゲーム”。
独裁国家の捜査機関に強制され、ある青年のスマホを捜査する。彼らはテロ事件の犯人なのか?それとも…? 他人のスマホを覗く背徳感を味わえる一作。

欲を言えば、ゲーム内の画像は実写であれば良かったと思うが、それを差し引いても身近な問題を扱った社会派の作品として小粒ながら面白い作品に仕上がっている。缶コーヒー3本分の価格以上の価値は十分ある。

引用元 – Replica レビュー

SOMA

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無日本語化Mod有(PC)
海底の研究施設”PATHOS-II”を舞台にしたホラーゲーム。
エリア内には自我を持つロボットやクリーチャーが徘徊しており、プレイヤーは再び地上に戻るために孤軍奮闘する。

長らくプレイせず放置していたことを後悔するレベルの傑作。
「人間を人間とするもの」や「自分という存在の証明」と言ったテーマは興味深く、肝心のストーリーは”コイントスに負けた側の現実を突き付ける”エンディングも含めて忘れがたい内容になっている。

少しでも「気になる」と思えば、プレイして損なしの一作である。

引用元 – SOMA レビュー

Tacoma

対応機種PC,PS4,Xbox One
日本語日本語対応(Steam版で確認)
放棄された宇宙ステーション「Tacoma」を舞台にした一作。
プレイヤーは調査員として宇宙ステーションを訪れ、この場所で起きた出来事を調査する。その過程で乗組員さえも知り得なかった事実が明らかとなる。

『Tacoma』レビュー

The Vanishing of Ethan Carter

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無日本語化Mod有
ミステリアスなウォーキング・シミュレーター。
イーサンという名の少年から手紙を受け取った私立探偵は、廃村と化した山奥の村に足を踏み入れる。
※Steam版は日本語化Modアリ。

一部の欠点は無視できないが、4時間にも及ぶ物語主導型のゲーム体験はとても充実しており、そうした欠点は些細なことに感じられる。

基本的には「歩くゲーム」なので、ミステリアスな海外ドラマを見るという感覚で遊ぶと良い。

引用元 – The Vanishing of Ethan Carter レビュー

What Remains of Edith Finch

対応機種PC/PS4
日本語の有無日本語対応
増改築を繰り返した奇妙な屋敷を探索するアドベンチャーゲーム。
フィンチ家の何世代にも渡る”世にも奇妙な物語”を読み解き、この屋敷と一族の身に起きた出来事を調査する。

何周もプレイして解明したいと思わせる複雑な物語と、ミニゲーム集とも言える多彩なパズルパートが魅力的な一作。

2,3時間にも及ぶFinch家のお話は、何度もプレイして謎を解明したいと思わせるほど充実した内容になっている。あなたはこの謎を解明できるだろうか?

引用元 – フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと レビュー

Virginia

対応機種PC/PS4/Xbox One
日本語の有無PC(日本語対応), PS4/Xboxは不明
小さな田舎町を舞台にしたアドベンチャーゲーム。
謎が謎を呼ぶ失踪事件を一切の台詞なく描くユニークな作品になっており、考察が捗るミステリアスな一作。

本作は特定の層に向けた作品なので誰にでも「お勧め」はできないが、独特な手法で語られる複雑な物語を体験したい濃いゲーマーにはお勧めしたい。特にウォーキング・シミュレーターと呼ばれる作品を好んで遊ぶゲーマーはドンピシャではないかと思う。

引用元 – Virginia レビュー

スポンサーリンク

まとめ

以上、「【インディーゲーム】オススメのアドベンチャーゲームを全て紹介」でした。
今後もクリアする度に追記していく予定。

オススメのインディーゲームを全て紹介する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメ紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kakihey.com(カキコム)