【評価/感想】オクトダッド: タコと呼ばないで【批評/レビュー】

スポンサーリンク

オクトダッド タコと呼ばないで 感想 評価 レビュー

主人公はタコの親父。

見るからにタコだが、周囲にはそれを隠して生活しているという奇妙な設定からして、既に面白い。

そんなタコ親父には妻と2人の子供(人間)がいて、親父がタコであることを除けば、一家は我々人間とほとんど変わらない日常生活を送っている。

そんな順風満帆なタコ親父だが、ある日家族を連れて水族館に行くことになり、そこでタコ親父は思わぬ出来事に遭遇してしまう。

…というのが簡単なあらすじ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クネクネの操作性は意外と快適?

f:id:Kakihey_jp:20150630085204j:plain

お使いをこなすのが基本的なゲームプレイになる。

しかし、親父はタコである。

手足が自由自在に動くため、人間のキャラクターを操作する時とは違い、真っ直ぐ進むことが難しく、周囲のオブジェクトを散らかしながら進んでいく。

そんなタコ親父の動きは、傍からは制御不能に見えるが、実際は意外と思った通りに動いてくれる。

というのもタコ親父(ちなみに二足歩行)の足には吸盤が付いていて、常にどちらか一方の足が地面を掴んだ状態になっているからだ。

芯のないクネクネしたタコ感を出しつつも、意外とマトモに動くのでこの一風変わった操作性は挑戦的でとても面白い。

スポンサーリンク

反復性が高い点は好みが別れる

f:id:Kakihey_jp:20150630085224j:plain

各レベル(ミッション)のデザインは好みが別れるだろう。

というのも、”何度も失敗を繰り返しながら遊ぶ”反復性の高い内容になっており、段々と楽しさよりもイライラの方が勝ってくるからだ。

確かに、独特のタコ感を楽しみながら、物を撒き散らすのは楽しいが、私としてはもっと多彩なミッションを遊びたいと感じた。

スポンサーリンク

総評

f:id:Kakihey_jp:20150630085243j:plain

反復性の高い内容は欠点ではあるが、タコ親父のキャラクターも相まって小ネタやジョークは面白い。

血なまぐさいゲームに疲れた人、フレンドや家族とワイワイ言いながら遊びたい人にオススメしたい一作だ。