Obsidianの新作RPGに”ルートボックス”や”マイクロトランザクション”は存在しない。

スポンサーリンク

Fallout: New Vegas』のObsidian Entertainmentが開発中の新作RPG。

同作は、Rockstar Games等を傘下に置くTake-Two新レーベル”Private Division”のタイトルとして開発が進められているのだが、Take-Twoと言えばElectronic ArtsActivision Blizzardと並んで、”ルートボックス(=ガチャ)”や”マイクロトランザクション(=アイテム課金)”を活用したマネタイズに熱心な企業として知られている。

だが、Obsidianの新作にその2つは存在しないという。

同社の公式Twitterは、ユーザーから寄せられた「(新作RPGに)ルートボックスやマイクロトランザクションはある?」という質問に対し、(開発を指揮しているとされる)Tim Cain、Leonard Boyarskyの両氏が「nope」ときっぱり答える動画をTweetした

なお、未だにタイトルさえも不明な新作RPGについて、Obsidianは、今すぐファンと情報を共有したいが、「そのときが来るまで待ちます」というメッセージを投稿している。


情報元 – Eurogamer

関連記事


スポンサーリンク

シェアする