Obsidianが未発表のPRGを開発中。パブリッシャーはTake-Twoの新レーベル「Private Division」。

スポンサーリンク

先日、Rockstar Games等を傘下に置くTake-Twoが発表した新レーベル”Private Division”。

同レーベルは、主にインディースタジオと提携して事業を進めていくとしているが、『Fallout: New Vegas』の開発で知られるObsidian Entertainmentも、そのレーベルと提携しているインディースタジオの一つであると海外メディアEurogamerが報じている。

今年8月にEurogamerが同スタジオを訪れた際に、スタジオの大半が注力していたプロジェクトこそがPrivate Division向けタイトルだとし、『Fallout』のクリエイターであるTim Cain、Leonard Boyarskyの両氏が開発を率いていることも”明らかだ”と伝えている。

先日、Obsidianは意味深なTweetを残していた。当時は『Fallout: New Vegas』に続く外伝作かと思われたが、実際はPrivate Division向けのRPGだったようだ。


引用元 – Eurogamer

関連記事


スポンサーリンク

シェアする