私が『Nintendo Switch』に惹かれる理由、購入を躊躇する理由。

SHARE

私が『Nintendo Switch』に惹かれる理由、購入を躊躇する理由。

子供の頃はよく、任天堂のゲーム機で遊んでいた。『GAMEBOY』、『GAMEBOY COLOR』や『GAMEBOY ADVANCE SP』を経て、『GAMECUBE』でも相当遊んだのだが、年齢を重ねるに連れて趣向も変わり、気が付けば任天堂のコンソールを選ぶことが無くなっていた。

しかし、今月ローンチを果たした『Nintendo Switch』は、「久しぶりに気になる、任天堂のゲーム機」で、割りと前向きに購入を検討している。その一方で、仮に目の前に在庫の山があったとしても購入を即決することに躊躇する自分がいる。

この記事では、私はなぜ『Nintendo Switch』に惹かれ、そして購入を躊躇するのかを書いてみたい。

コンソールと携帯機のハイブリッド

コンソールは、テレビやPCモニターに接続するのが一般的な使い方だろう。私はもっぱら、コンソールはリビングのテレビに接続して使ってきたのだが、それ故の不便さとも付き合って来た。

決して、その不便さは私だけが感じるものではなく、ゲーマーであれば一度は感じたことがあると思う。その不便さとは、コンソールはその場所以外で遊ぶことが出来ない。というものであり、せっかく熱中してゲームを遊んでいたのに、親や兄弟に「はよ、変われ」と言われて渋々ゲームを中断したことが何度もある。

その度に「その続きをDSやPSPで遊べたら良いのに」と考えたものだが、なかなかそれが実現することは無かった。しかし、『Nintendo Switch』はその夢を叶えてくれるかも知れない。それが記事のタイトルにもある、「私がNintendo Switch」に惹かれる理由だ。

『Nintendo Switch』は、コンソールと携帯機のハイブリッドだ。本体をドックに設置するとテレビやPCモニターで遊ぶことができ、本体をドックから外すと携帯機として使うことが出来る。

確かに、コンソールのゲームを携帯機で遊ぶこと自体は珍しくない。例えば、『PlayStation 4』ではストリーミングプレイという形で、PS4向けゲームを携帯機の『PlayStation Vita』で遊ぶことが出来る。『Xbox One』でもWindowsタブレットやスマホ間で同じことが出来る。

しかし、これらはあくまでもストリーミングプレイであり、ネット環境に左右される上に、遅延の影響でタイミング重視のゲームでは使い物にならなかったりする。その点、『Nintendo Switch』はストリーミングではなく、手元の端末で処理しているのでストリーミングプレイ特有の問題とは無縁なのだ。

要するに、コンソールのゲーム体験をそのまま手元でも楽しめるということだ。これは、私がずっと実現を待ち望んでいたものであり、自分の好きな場所や態勢で「さっきの続き」を遊ぶことが出来る。これは本当にインパクトが大きい。

コンソールと携帯機のハイブリッドは、『PlayStation 4』や『Xbox One』には無いメリットだ。熱狂的な任天堂ファンではない私が、性能面で劣る『Nintendo  Switch』を敢えて購入する強い動機になる。

果たして、ここにゲームは集まるのか

個人的には、任天堂の圧倒的に良質なソフト達が遊べる権利を手に入れた、というだけで生粋のゲームファンなら満足出来るかと思います。

引用元 – switchを検討されているかたへ,

これは、一部で賞賛を受けたAmazonのレビューから抜粋した一文。私はここまで強くハード自体を支持することは出来ないので、「任天堂の圧倒的に良質なソフト達が遊べる権利を手に入れた」だけでは満足できない。

やはり、このハードにどれだけのゲームが集まるのかを最も重視する。Rockstar Games、UbisoftやBethesda Studios等の海外大手は、最新作のNintendo Switch版も発売するのだろうか。ユニークな作品が目立つ、インディーゲームも続々と発売されるのだろうか。

私がコンソールと携帯機のハイブリッドに魅力を感じるのは、こうしたことが大前提。なので、それが今ひとつ不透明な現段階ではなかなか購入ボタンを押すことが出来ない。買ったは良いものの、「結局、ゼルダしか遊ぶものがない…」なんてことは避けたいのだ。

リビングで『Fallout 5』 や『Grand Theft Auto VI』を遊び、その続きを布団の中で遊ぶ。通勤通学の途中で『The Walking Dead』を手元で遊ぶということがしたい。

まとめ

コンソールと携帯機のハイブリッドは、他のハードには無いメリット。その一方で、「このハードにゲームが集まるのか」という不安感もある。そういう話。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です