スポンサーリンク

激選10本。発売が待たれる、期待される『Nintendo Switch』の注目タイトル。

スポンサーリンク

発売予定

2017年に発売を控える、期待のゲームを5本紹介していく。

Lego City Undercover(レゴシティ アンダーカバー)

レゴの世界とオープンワールドが融合した作品。主人公は警官となり、街の悪党を退治して回る。少し前に発売されたWii U版の移植作品になる。

Minecraft: Switch Edition(マインクラフト)

今さら説明する必要はないとも思える作品。途方もないほど広大なマップ上に、プレイヤーの想像力を全力でぶつけるサンドボックス型ゲームのキング。

Super Mario Odyssey(スーパーマリオ オデッセイ)

『スーパーマリオサンシャイン』以来のオープンワールド(?)系マリオ。お馴染みの世界をベースにしたステージの他、宇宙やリアルな都市をベースにステージなど、その多彩なステージ構成が気になる一作。

Syberia 3

ポイント・アンド・クリック式のアドベンチャーゲームで、シリーズを通してその物語と世界観が高く評価されている。

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)

ここ日本でも知名度が高いTESシリーズの最新作。オープンワールドゲーム特有の自由度の高さと、プレイヤーの選択がゲーム世界に影響を及ぼすダイナミックなシステムが大きな特徴になっている。

発売希望

私が発売を希望するゲームを5本紹介していく。

Fallout 4(フォールアウト 4)

上で紹介したSkyrimのスタジオが送る大型PRG。核戦争後の世界を、一人であるいは仲間と共に冒険し、その世界で自由に生きることが出来る。拠点の発展に貢献するも良し、ミュータント討伐に汗を流しても良い。

個人的には手元で『Fallout 4』を遊べるだけで、胸熱だ。

関連記事

Grand Theft Auto VI

画像はGTA V

ここ日本でも知名度抜群のGTAシリーズの最新作。先ほどのRDR 2同様に作り込まれたオープンワールド、上質なコンテンツを要するビッグタイトルで、それが大画面でも手元でも遊べるのは、やはり胸熱だ。

関連記事

Life Is Strange(ライフ・イズ・ストレンジ)

プレイヤーの選択が物語を変化させるアドベンチャーゲーム。時間を操作し、ゲームオーバーが存在しない物語をプレイヤー自身が紡いでいく。思春期の子供の複雑な心境を表現する脚本と、様々な出来事が積み重なる終盤は圧巻の出来。

コンソールと系はのハイブリッドである『Nintendo Switch』との相性は抜群だろう。

関連記事

Red Dead Redemption 2(レッド・デッド・リデンプション 2)

革新的な新作をリリースし続けるRockstar Gamesの期待作。硬派な西部劇をベースにした物語と世界観、常軌を逸した作り込みで他社を圧倒するオープンワールドが特に魅力的な作品。

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

プレイヤーの選択が物語を変化させるアドベンチャーゲーム。ドラマ版同様に、仲間の生死に関する選択や、誰かが色々な意味で犠牲になる選択などが用意されており、プレイヤーは胸をえぐられるような思いで、物語を進めていく。

LIS同様に、本作も『Nintendo Switch』との相性は抜群だろう。

関連記事

スポンサーリンク
関連記事


シェアする