Naughty Dog「ラストオブアスでは誰もが死と隣り合わせ」

スポンサーリンク

PlayStation Experience 2017のパネルセッションに登壇したNeil Druckmann氏(今作の脚本家の一人)は、「誰もがいつかは死ぬ」と語った。

これはインタビューアーからの「ジョエルは死んだのか、生きているのか?」という質問への答えで、同氏は続けて「ラストオブアスでは誰もが死と隣り合わせです」とし、「私たちは人々を、今作のテーマ(憎しみ)と、私たちが表現しようとしていることに引き込みたいと思っています。」と語った。

また、「エリーは母親に会えますか?」という質問には、「明かしていない多くのことを(さっきの)曲から、文字通りもしくはメタファーとして受け取れるはずだよ」と答えている。

この質疑応答の前に、Ashley Johnson(Ellie役)とTroy Baker(Joel役)によるライブパフォーマンスが行われ、2人はWayfaring Strangerを歌唱していた。歌詞は、痛みも危険もない世界を目指して旅をするというもので、”私は母(父、救世主)を求めてそこへ行く。母(父、救世主)は私が来たら会ってくれると言った”という歌詞が含まれている。

第2弾Trailerでは、子供を宿した女性が登場しており、一部では「Ellieの母親ではないか」と噂されていた。

次の記事>>>The Last of Us レビュー


引用元 – Youtube

関連記事


スポンサーリンク

シェアする