スポンサーリンク

【評価/レビュー】マーダード 魂の呼ぶ声(Murdered: Soul Suspect)【批評/感想】

『Murdered: Soul Suspect』より。日本語版で主人公を演じるのは山寺宏一氏。

『Murdered: Soul Suspect(邦題:マーダード 魂の呼ぶ声)』は、「Airtight Games」が送るアクションアドベンチャーゲームだ。

“連続殺人犯に殺された”刑事が主人公という異色の作品になっており、彼がその犯人を追うというのが粗筋にある。以下がより詳しいストーリーになる。

刑事である主人公Ronanはある現場で連続殺人鬼Bell Killerに殺害される。だが、彼は成仏することが出来ず、霊界と現世の間の世界に囚われてしまう。Ronanは自らを救うため、そして連続殺人鬼を捕まえるために事件を捜査する…。

ゲームプレイ面では探索重視の内容になっており、アクションよりもアドベンチャーに重きが置かれている。

刑事ものらしく、「証拠集め」や「証言収集」を集めて事件を追うアドベンチャーゲーム的な一面と、「悪魔」を相手に戦うアクションゲーム的な一面を持ち合わせているのが特徴。

スポンサーリンク

変化のない事件捜査

エリアを探索して事件を捜査する。

率直に言えば、実に単調な内容だ。

メインとなる連続殺人事件の捜査とは別に、小規模なサイドミッションも用意されている。サイドでは呪縛霊となった者たちの事件を捜査してやるのだが、はっきり言ってメインもサブもやること自体は大差ない。

  1. 証拠を集める
  2. 証言を集める
  3. それらを組み合わせる

この3つを繰り返すのみ。また、選択肢を総当りすれば答えにたどり着く仕様になっているため、頭で考えて答えを導き出す作業の重要性が薄く、肝心のアドベンチャー要素は不発気味と言わざるを得ない。

王道的な作品とも言える『L.A.Noire』では、行き着く先は決まっていても、プレイヤーのミスでせっかくの証拠や証言が無駄になるリスクが潜んでいた。

そのため、プレイヤーは否応なしに頭を使って推理する必要があったわけだが、本作はその部分が弱いのだ。

確かに、主人公が幽霊であることを利用した事件捜査の手法は面白い。これ以外にも、主人公の設定を上手く使いこなしている瞬間はあるものの、肝心のゲームプレイ面はあまりにも単調で、昨今の良質なアドベンチャーゲームと比べると劣って見える。

弱いアクション要素

悪魔を除霊するアクションゲーム的な面も。内容は単調。

まるで、取ってつけたようなアクションパートはさらに出来が悪い。

驚いたことに、このパートに登場する敵は1種類のみ。しかも外見、行動パターンや倒し方まで共通しており、2回目以降は退屈な作業と化してしまう。

また、その倒し方に関してもスニーキング状態で背後からQTEで倒すだけで、違いと言えばQTE時のボタンくらいで、ほぼ1回目と同じ内容が繰り返されると言っていい。

幸い、難易度が低くてプレイヤーの手を煩わせることがなく、敵の登場回数も数えるほどしかない。したがって、「苦痛」ではないのだが、この退屈な作業を繰り返すのは、決して楽ではない。

作りの甘さが目立つ

落とし穴。脱出するためにはQTEに成功する必要がある。

まず、ミニマップが存在しない。プレイ中は比較的広いエリアを行き来するため、ミニマップは必需品なのだが、なぜかそれが存在しない。そのため、まだマップを覚えられていない序盤は、移動が億劫になるほど面倒臭い。

また、マップ関連では各エリアにある落とし穴も面倒臭い。もし、この落とし穴に誤って落ちるとQTEが表示され、入力に失敗するとゲームオーバーになるのだが、問題はこのQTEの表示が数秒の上にボタン入力が毎回異なる点だ。

これは私の動体視力、ないしは固有の問題なのかも知れないが、結局最後まで一度もQTEに成功することはなかった。

それ以外にも、アイテム拾い上げる際の判定が甘かったりと、様々な点において作りが甘いと感じさせられることが多かった。

Note:QTE(クィック・タイム・イベント)は、画面上に表示されたボタンを素早く入力するゲームシステムで、ゲームプレイと演出の一体感が特徴。一方で批判的な意見も多い。

物語以外の部分をどう見る?総評

Murdered-15121605

魔女裁判を題材にした物語は、最後のオチも含めてよく練られていると感じた。少なくとも私は、「続きが気になる」と思い最後まで遊ぶことになった。

それだけに「選択する意味」や「推理する意味」が薄いアドベンチャーパートと、単調過ぎるアクションパートの出来には落胆している。

純粋にアドベンチャーパートのみを発展させ、『The Walking Dead』や『Life Is Strange』のような作品を目指すべきだったのではないか。

出来不出来以前に、単調極まりないアクションパートが足枷になっており、これが全体の質を大きく下げているが、サイコホラー仕立ての物語自体は良質なので、上記の欠点に目を瞑ることが出来れば楽しめるだろう。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする