Ubisoftはマイケル・アイアンサイドがスプセル復帰を語る動画を公開。

先日配信された『Ghost Recon Wildlands』のSplinter Cellとのコラボ ミッションにて、Sam Fisher役に復帰したMichael Ironside氏がその心境を語る動画が公開されている。

(※『Splinter Cell Blacklist』では別の俳優が演じた)

この動画の中でIronside氏は、再びSam役を演じることを”馴染みの場所に戻って来た感じがする”と表現し、加えて「彼はどこにも行っていない。俺がSamだよ」と語っている。

続けて、「人間味がなかった」ことを理由にSam役のオファーを2度も断った過去を明かし、その後のスタッフとの話し合いの中で、現在のSam Fisherの人物像が作られ、最終的にオファーを引き受けたという。

動画の後半では大病を患っていたことも公表しているが、最後は冗談っぽく「死ななかったよ」と語り、インタビューを締めている。

スポンサーリンク

シェアする